NAVITIME Travel

<底知れぬエネルギーを象徴する桜島>桜島ビューコース

「我が胸の燃ゆる想いに比ぶれば煙は薄し桜島山」と薩摩の人の誰もが一度は言の葉にする歌。最初に詠んだのは西郷隆盛だったろうか。薩摩の人々の底知れぬエネルギーを象徴する桜島を眺望しながら、錦江湾沿いに走る。薩摩のエネルギーが大爆発したのは幕末から明治の初めの頃である。藩主島津斉彬が改革の方向付けをし、儀を言わない男達が西郷、大久保の指揮に従ったということなのだろうか。磯庭園のそばにある尚古集成館はいろんなことを考えさせてくれる。錦江湾越しに鈍色に輝く桜島が突然、ズンっという音とともに大噴煙を上げる。

情報提供者:株式会社ナビタイムジャパン
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成