NAVITIME Travel

<切支丹の歴史が染み込む島原半島を行く>島原半島/原城・諏訪池コース

古代、豪族達が身を飾った勾玉に似た島原半島は中央に雲仙岳が突起し、裾野を海際まで広げている。主邑島原は、徳川時代の初めに松倉重政が島原城を作った時に始まる。半島の南部に町名として名が残る有馬氏の居城だった原城は、島原の乱の折りに切支丹を中心とした一揆軍が立てこもったところだが、松倉氏が切支丹を大弾圧したことに端を発した一揆であった。島原の町には、雲仙岳に降った水が再び湧き出すところが多くあり、旅人を慰めてくれる。雲仙岳の猛々しさを引き継いでいるのか、半島の北部には高校サッカーの雄、国見高校がある。

情報提供者:株式会社ナビタイムジャパン
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成