<弘法大師空海の誕生した善通寺と満濃池>琴平・満濃池コース

弘法大師空海の誕生した善通寺から、彼が修復したといわれる満濃池まで短く走る。空海は唐に行って仏教を学び、京都平安京に遷都された頃に、京都その他で教えを広めた人で真言宗の開祖である。高野山に本尊があるが、成田山新勝寺や川崎大師などはこの宗門の流れである。入定後、弘法大師と呼ばれ人々の信仰を集めた。四国八十八箇所を巡るお遍路さんが同行二人という場合、弘法大師とともに歩くということをいう。空海は、生前、米作りのための灌漑・治水の工事指揮を多くしたといい、満濃池もその一つという。コースの途中にある金刀比羅宮は船の神様で、海運の守護神として崇められた。

情報提供者:株式会社ナビタイムジャパン
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成