NAVITIME Travel

<武家屋敷と豪商の町屋が残る高梁>高梁川・井倉渓コース

高梁は鎌倉時代に備中松山城の城下町として生まれた町で、武家時代の遺構が随分と残っている。市内の石火矢町は県が指定した「ふるさと村」の一つで、道の両側に漆喰塗りの土塀が続き、武家屋敷の面影をとどめている。石火矢町のすぐ南に、小堀遠州の作った枯山水の庭が有名な頼久寺がある。江戸時代の豪商の町屋もあり、町全体が中世・近世のテーマパークのようで、見ごたえがあるし楽しい。吉備高原を割って流れる高梁川に沿って、高梁から新見まで走る。途中、井倉峡に口を開けた井倉洞は洞内を流れる水が豊富で、滝も落ちているという珍しさ。石筍や石柱もみずみずしい。

情報提供者:株式会社ナビタイムジャパン
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成