<初期の頃の哺乳類が見つかっている手取層>九頭竜川・六呂師高原コース

日本の川は高くそびえる山から一気に流れ落ちてくる暴れ川であることが多く、天竜川のように竜に譬えられることがしばしばある。九頭竜川にも、波頭を風に白く飛ばしながら九頭の龍が天から落ちてくるような光景がたくさんあり、この名前が付いたに違いない。福井市の郊外から九頭竜川沿いに走る。勝山で存在感を示している福井県立恐竜博物館が面白い。福井県から富山県にかけて、ジュラ紀から白亜紀後期の中生代堆積層、手取層が広がっているが、その地層から多くの種類の恐竜と初期の頃の哺乳類が見つかっている。当博物館ではそれらを解説する。近いうちに我々の祖先の体系的展示があるかも知れない。

情報提供者:株式会社ナビタイムジャパン
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成