<月山を、南から北へ、巻くようにして走る>月山・湯殿山コース

芭蕉が「雲の峰いくつ崩れて月の山」と詠んだ月山を、南から北へ、巻くようにして走る。新道と並ぶように走っている旧道は鶴岡と山形を結ぶ主要道で、六十里越街道と呼ばれた。里の風景と鬱蒼とした森が現代人に受けるようで、歩いて峠を越える人も多いという。今では月山花笠ラインと呼ばれ、山形を代表する景勝道路になっている。紅葉の頃は渓流の美しさを加え秀逸だ。庄内平野に出、旧櫛引町(現在は鶴岡市)あたりの田んぼの中に立って見上げると、月山と、月山と並び立つ湯殿山が力強くゴツゴツとして美しい。西からの風が絶え間なく雲を生産しているようで、月山の峰を隠している。

情報提供者:株式会社ナビタイムジャパン
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成