【箱根】焼き物や国登録記念物の庭園を楽しめ、苔好き必見の箱根美術館の魅力(割引あり)


2016.10.09

TravelBook

創設者の岡田茂吉が、たくさんの方に優れた美術品を見て欲しいという思いのもと、昭和27年6月に箱根町強羅に開館した箱根で最も古い美術館です。貴重な日本の焼き物を展示している本館や、岡田茂吉の世界を垣間見ることができる別館、茶室やショップなどのほか、国登録記念物にも登録されている「神仙郷」など見どころがたくさんあります。特に「神仙郷」の敷地内にある「苔庭」や「石楽園」などでは、日本らしい風情ある景観を存分に楽しむことができます。エリアごとに異なる景観を楽しめるのもおすすめのポイントです。岡田茂吉の熱い思いと日本の美しさがたっぷり詰まった箱根美術館の魅力を隅々まで紹介します。 

箱根美術館
place
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
phone
0460822623
opening-hour
[4-11月]9:30-16:30[12-3月]9:…

この記事を含むまとめ記事はこちら