【北海道】本当に幻になるかも! 糠平湖のタウシュベツ橋梁見どころガイド


2016.09.16

TravelBook

北海道に"幻の橋"と呼ばれる橋があるのをご存知ですか? 季節によって橋が湖の中に沈むことがあり、まったく見られなくなることがあることから、そう呼ばれています。その橋の名は、正式名称「タウシュベツ橋梁」と言い、1938~1955年に鉄道橋として利用された後、半世紀以上放置され今の姿になっています。北海道の上士幌町に発電施設として人口ダム湖である糠平湖が作られ、そこにかかけたアーチ形の橋がタウシュベツ橋梁です。今でこそ、現在は鉄道が通らなくなり、東大雪開拓の歴史を使える近代産業遺産となっていますが、糠平湖の水位変動による影響で劣化が激しく、その姿を留めていられるのはあと数年と言われています。なくなる前にぜひ見に行ってほしいタウシュベツ橋梁について、その見どころやアクセス方法などのお役立ち情報をまとめました。自然と人造物が織りなす美しい光景を、今のうちに目に焼き付けましょう。 

read-more
ひがし大雪自然ガイドセンター
place
北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
phone
0156442261
no image
帯広
place
北海道帯広市西二条南12丁目
糠平湖
place
北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
phone
0156477272
タウシュベツ展望台
place
北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
phone
0156477272
ナイタイ高原牧場
rating

3.5

24件の口コミ
place
北海道河東郡上士幌町字上音更85-2
phone
09033985049
opening-hour
【牧場ゲート開放】7:00-18:00…

この記事を含むまとめ記事はこちら