【東京】昭和の時代にタイムスリップ! 柴又ハイカラ横丁・おもちゃ博物館の魅力


2016.07.03

TravelBook

昭和の名画「男はつらいよ」で知られる葛飾区柴又。葛飾区内で最も古い商店街もあるこの柴又エリアには「フーテンの寅さん」の像も立ち、地域住民の努力もあって昭和の雰囲気を残す建物が多くあります。昭和の気分を感じるために訪れる人もいれば、マンガ「こち亀」の舞台でもあることから、マンガや映画の世界に浸ろうと観光に訪れる人も少なくありません。柴又駅から歩いて数分のところにあるハイカラ横丁には2階建ての昭和の文化が感じられる世界が広がっています。昭和の街並みを切り取ったかのような横丁を歩くことができ、おもちゃ博物館では昭和の時代に愛されたおもちゃの数々が展示されています。そんな柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館の魅力をたっぷりとお伝えします。 

柴又ハイカラ横丁/柴又のおもちゃ博物館
place
東京都葛飾区柴又7丁目3-12
phone
0336739627
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら