[奈良]大化の改新発祥の地!もみじと風薫る談山神社


2017.06.23

トリップノート

中大兄皇子と中臣鎌足によって行われた大化の改新。2人は飛鳥寺の蹴鞠会で出会い、その後に乙巳の変は起こります。このクーデターを起こす前、中大兄皇子と中臣鎌足は、多武峰の山中で話し合いをしたとされ、その山こそが、談山神社のある談い山(かたらいやま)です。その後時を経て、中臣鎌足(のちの藤原鎌足)を祀る寺がこの地に建立され、今は談山神社として、春と夏は美しい青もみじ、秋には紅葉で大人気のスポットとなっています。17棟もの重要文化財を保有し、畳をも色鮮やかな緑や赤に染める談山神社を旅してみませんか? 

read-more
談山神社
rating

4.5

158件の口コミ
place
奈良県桜井市多武峰319
phone
0744490001
opening-hour
8:30-16:30(最終受付)

この記事を含むまとめ記事はこちら