[新潟・佐渡金山]世界遺産登録目前!?江戸~昭和の佐渡島鉱業を巡る旅


2017.06.14

トリップノート

写真の山、真っ二つに割れていますよね?!その理由は、「金銀のために、堀り過ぎたから」です。日本海に浮かぶ佐渡島。沖縄本島に次ぐ、面積の大きな有人島として知られる佐渡島ですが、16世紀半ば、金銀が採れると噂が広まると全国各地から人が集まり始め、鉱業が栄えた街なのです。近代遺産として、佐渡金山の歴史を現代へ、また未来へと繋ぐべく、佐渡島と新潟県が世界遺産への登録活動を進めています。江戸から昭和まで続いた、佐渡島鉱業の歴史を巡ります。 

北沢浮遊選鉱場
place
新潟県佐渡市相川北沢町3-2
no image
史跡佐渡金山
place
新潟県佐渡市下相川1305
phone
0259742389
opening-hour
[4-10月]8:00-17:30(最終入場1…
史跡佐渡奉行所跡
place
新潟県佐渡市相川広間町1-1
phone
0259742201
opening-hour
8:30-17:00(最終入館16:30)

この記事を含むまとめ記事はこちら