パン好きなら一度は訪れたい! 古民家カフェ「カフェ ルセット鎌倉」


2017.04.03

TABIZINE

歴史と自然が織りなす古都、鎌倉。由比ヶ浜の海にほど近い路地裏に、パン好きなら一度は訪れたい古民家カフェ「café recette(カフェ ルセット)鎌倉」があります。
由比ヶ浜の海のほど近く、静かな路地裏に佇む古民家カフェ
江ノ電の長谷駅から歩いて約5分。ワクワクするような路地裏を進みます。
趣のある古民家とモダンなデザインが織りなす「カフェ ルセット鎌倉」。東京・世田谷にある「最高級パンの通販専門店 ルセット」が手がけるお店で、こだわりの食パンを使ったメニューがいただけるんです。
玄関の暖簾をくぐると、そこには風情あふれる和の玄関。靴を脱いで上がります。
和の風情とモダンなインテリアが織りなす空間
大正時代に作られた古民家をリノベーションしたという店内。床には絨毯が敷かれ、美しい曲線の無垢の家具が置かれています。大きな窓からは柔らかな日差しが差し込み、極上の居心地いい雰囲気。
お店のデザインは、今最も注目される空間デザイン事務所の一つ「ATTA」が手がけ、家具は独特のフォルムの美しさで有名な「KOMA」のものを使用しているのだそう。
こだわりのパンが楽しめるモーニングプレート
「The モーニングプレート」1000円(税別)。Bread Code(カフェ ルセットの近くにあるパン屋さん)の食パン2枚、バター、自家製ジャム、スクランブルエッグ、ベーコン、プチサラダ、ドリンクがセット。(+200円(税別)で1枚をルセットのパンに変更可能)
日本素材だけで作られた角型の食パン。生地が細かく、口どけの良いふっくら感が楽しめました。チーズを混ぜたスクランブルエッグ、鎌倉のハム工房「アルトシュタット」のベーコンもおいしく、パンとの相性も抜群です。
1.5斤で2200円の超贅沢な食パン
1枚目を食べ終えて、ちょうどいいタイミングで運ばれた2枚目のルセットのパン。通販で購入した場合、1.5斤で2200円もするというなんとも贅沢な食パン。卵やバター、牛乳は使用せず基本の素材だけで作ったというこだわり。一般的なパンの発酵時間は4~6時間のところ、こちらの食パンは18~20時間も発酵させているのだとか。
トーストは3cmはある厚切りで、小麦のよい香りが漂います! もっちりとした力強い食感で、噛めば噛むほど旨味が感じられます。シンプルな食パンだけに素材の良さを存分に感じられるおいしさでした。
モーニングではBread Codeのプレミアム食パン(角型プレーン・角型リッチ・山型プレーン・ミニ食パン)が食べ放題のメニューも用意。パン好きにはたまりませんね!
こだわりの詰まった食パンメニューを楽しめる「カフェ ルセット鎌倉」。
忙しい日常からちょっと離れたい週末は、海風漂う鎌倉で贅沢なひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか?
[café recette 鎌倉]
[All photos by Nao] 

cafe・recette(カフェルセット) 鎌倉
rating

4.0

16件の口コミ
place
神奈川県鎌倉市坂ノ下22-5
phone
0467385700
opening-hour
[平日]9:30-17:00(L.O.16:00)[…

この記事を含むまとめ記事はこちら