【宮崎】最後まで飽きない3つの食べ方でカツオを満喫!


2017.02.16

TABIZINE

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】
ランチは「ギャラリーこだま」でカツオ炙り重。日南は一本釣りカツオ漁獲量日本一! 日南市では10店舗で「カツオ炙り重」を味わえます。ちなみに東京渋谷(神泉)の「たもいやんせ」という宮崎料理のお店でも提供しているらしい。お店によって少しずつ味付けや副菜が違うようです。今回訪問したギャラリーこだまは築120年という歴史あるたたずまい。
お盆にぎっしりとのったこのカツオ炙り重は1,300円(税込)。
カツオは飫肥(おび)の醤油を使った醤油ダレと胡麻ダレの二種類。まずはそのまま生の味を楽しむ。続いて炙りを楽しむ。七輪で好きなタイミングで炙り、ごはんと一緒にパクリ。
炙るとまた、生と違ったおいしさ。目の前で炙っているとじゅ~っと音がするのもたまらない。まだ楽しみは続きます。最後はお茶漬け。
温かいダシを注いでさらさらっとかきこみます。最後まで飽きない食べ方でカツオを満喫。ところでこの黄色い寒天のようなもの。
これは飫肥名物「厚焼きたまご」。そしてとても甘いんです。プルンとしたデザートのようなものを、宮崎では厚焼きたまごと言うと知りかなりびっくりしました。このあと飫肥城下町を散策したのですが、「厚焼きたまご」の専門店が結構あって地元の方が買いに来ている。
[寄稿者:まちむすめ] 

ギャラリーこだま
rating

4.5

10件の口コミ
place
宮崎県日南市飫肥8-1-1
phone
0987250602
opening-hour
10:00-16:00

この記事を含むまとめ記事はこちら