【ベタな大阪観光】インスタ映えするコテコテな大阪のスポットはここ!


2017.02.05

TABIZINE

昭和からずっと変わらないコテコテな大阪のスポット。ここを訪れると、時代錯誤なのだけれど、どこか懐かしいような気分を味わえます。そんな大阪のスポットをインスタに収めてみると、あら素敵。昭和情緒ある世界へ変身します。筆者が実際にインスタで加工してみたスポット写真とインスタ映えするの観光地を紹介します。
道頓堀グリコの看板が有名な道頓堀は、大阪の有名な観光スポットの一つ。道頓堀には、かに道楽など、びっくりするほど派手な看板があります。「ここぞ大阪」というスポットですね。コテコテな看板が並ぶ、道頓堀はまるでおもちゃのような世界。インスタにはよく生えます。
グリコの看板
かに道楽
法善寺横丁道頓堀近くには、法善寺横丁があります。こちらは小説、映画「夫婦善哉」の舞台地。法善寺には現在も、ぜんざい一人前を二つの椀でだす「夫婦善哉」、水掛不動尊が変わらずあります。都会の中で昭和の情緒ある世界に入りこむことができる場所。こうして変わらず昔の大阪が残り続けることが不思議に思われます。
法善寺入り口
法善寺で発見した猫
法善寺裏
(次のページに続く)
新世界映画や小説にも登場する「通天閣」は、新世界にあります。新世界といえば、「ディープな大阪」というイメージが強かったのですが、ここ最近は観光客にも人気のスポットとなりました。新世界には道頓堀同様、派手な看板でメインストリートは埋め尽くされています。若者がいつも集まるミナミの道頓堀よりも、新世界は昭和から時が止まってしまったようなレトロで懐かしい雰囲気が漂っています。
通天閣
足の裏を掻いてあげるとご利益があると言われているビリケンさん
新世界名物、串カツ
(次のページに続く)
万博公園大阪万博といえば、70年代の象徴的な場所の一つ。大変な盛況な様子が現在まで伝えられていますね。現在は万博公園となり市民の憩いの場となっています。万博公園の中には今も大阪万博のシンボル「太陽の塔」は変わらず見守り続けています。近年ではEXPO’70 パビリオンという大阪万博の記念館もオープンしました。また万博公園には国立民族学博物館もあり、文化施設が充実しています。春は桜のスポットで、秋は美しい紅葉も楽しめますよ。
太陽の塔
市民の憩いの広場の万博公園
大阪城
大阪の有名なスポットといえば、大阪城は外せませんね。豊臣秀吉が築城した大阪城は、豪華で華やかな作りとなっています。大阪城といえば天守閣が有名です。現在天守閣は大阪城は昭和に再現されたもの。豪華絢爛だった秀吉の大阪城をぜひ訪れてみてください。また春は桜のスポットとしても有名です。桜の中でみる大阪城は情緒があり、写真映えもするのではないでしょうか。
大阪旅行ではぜひレトロな雰囲気を味わいながら、最高の一枚をぜひ撮ってみてくださいね。
[Photos by Nanako Kitagawa & Shutterstock.com] 

read-more
大阪城天守閣
rating

4.0

7884件の口コミ
place
大阪府大阪市中央区大阪城1-1
phone
0669413044
opening-hour
9:00-17:00(最終入館16:30)
道頓堀
rating

4.5

12463件の口コミ
place
大阪府大阪市中央区道頓堀
phone
0662114542
opening-hour
店舗・施設により異なる
新世界
place
大阪府大阪市浪速区恵美須東
万博記念公園 太陽の塔
place
大阪府吹田市千里万博公園
phone
0120197089
opening-hour
10:00-17:00(最終入館16:30)[…
通天閣
rating

3.5

1833件の口コミ
place
大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
phone
0666419555
opening-hour
8:30-21:30(最終入場は21:00)

この記事を含むまとめ記事はこちら