民泊1泊2500円から!鳥取港目の前のドミトリー「しゃん亭」


2016.12.11

TABIZINE

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】
Airbnbで探して民泊「しゃん亭」を利用しました。一軒貸しや、お部屋を借りることができる宿もあったのですが、せっかくなのでドミトリーに挑戦してみました。2階に二段ベッドがあります。
お部屋は3つで襖で仕切ることができます。写真右側、襖の奥にもうひとつお部屋があります。
このベッドの下がこの日の私の場所です。ベッドの裏にも出口があり、トイレも右側にあるので、女性ひとりだったけど結構のびのびできました。他の男性客は隣の隣のお部屋を襖をしめて利用し、トイレは1階を使っていました。二段ベッドは智頭杉のベッドです。浄化作用、高い調湿作用、独特の芳香がある智頭杉で作られたベッドに、ふわふわの羽毛布団。リラックスして朝まで爆睡しました。
1階では、以前お客さんだったという女性もやってきて、みんなでおしゃべり。たまたま、この日はお客さんがみんな日本人。普段は外国の人の方が多いそうです。
(次のページに続く)
■あわせて読みたいここが日本!?冬限定、雪に覆われた鳥取砂丘が驚きの別世界http://tabizine.jp/2015/01/28/29184/
台所は自由に使えます。駅近のスーパーに行くと蟹が500円でお釣りがくる値段で売られているんですよ!!
もさ海老も、徒歩10分ほどの鳥取港海鮮市場「かろいち」で破格の値段で手に入ります。飲食は1階でしかできないのだけど、こちらに宿泊したらリーズナブルに鳥取の名産が味わえますね。冷蔵庫は自分のものに名前を書いてから利用します。お風呂も使えますが、車で10分ほどの場所に「みさき屋」という温泉があります。380円で天然温泉かけ流し。お湯はよかったですよ~。中で販売されているお惣菜やお弁当も安い!! お蕎麦やうどん、ラーメンは150円。赤海老唐揚げも200円でした。朝ご飯は、鳥取港海鮮市場「かろいち」の中の「すなば珈琲」でモーニング。
他にも漁師さんが利用するcafeのようなお店も近くにあるそうです。目の前は鳥取港。
少し歩くと朝陽や夕陽も楽しめます。灯りがないので星もきれいそうですね。
目印は、かに大陸。このお店の手前にあります。民泊、思っていたより楽しかったです。
[寄稿者:さとちん]
■あわせて読みたいここが民宿?フランス版民宿「シャンブル・ドット」が豪華すぎるhttp://tabizine.jp/2015/03/07/31674/ 

ゲストハウスしゃん亭
place
鳥取県鳥取市賀露町北1-10-22
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら