【府中】ホッと一息。自家焙煎の珈琲専門店「南方郵便機」


2016.08.19

TABIZINE

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】
府中に用事があり、たまたま通りかかりました。「南方郵便機」
ん? 郵便? コーヒーって書いてあるけど・・・。お店の前に立ち止まり、中をのぞくとコーヒー問屋のような風景。作業場? 事務所なのかな?と思いつつもお店の前で検索してみたら、食べログあるじゃないですか。しかも人気らしい。本当に作業場といった感じで自由に出入りできる雰囲気に思えなかったので、調べなかったら間違いなくあきらめて素通りしたと思います。
お店に入るとコーヒーの良い香り。さて、はじめてすぎて何が何だか。いらっしゃいませ、とやさしい感じの方が声をかけてくれたので相談してみました。「あの、はじめてなんですが・・・」と切りだし、自分の好みの味を伝えると迷いなくすぐにおすすめしてくれました。
「ヨーロピアンブレンド」私の言葉にまさにビンゴの味わいとのこと。しかもありがたいことにその銘柄が今月はサービス豆。サービス豆は10%オフ。
毎月サービス豆の種類が変わるので、新しいものを試したい時にも良いきっかけになりそうです。おすすめしてもらったヨーロピアンブレンドを200g、豆のままでとお願いすると、その場で詰めてくれました。詰めてくれている間、少しですがどうぞとコーヒーを出してくれました。
スタンプカードも作ってくれました。なんでも5のつく日はスタンプを多く押してもらえるそうでオトクなんだとか。次回行くときは5がつく日に行こう(スタンプがたまるとペーパーや豆のプレゼントがある)。
ツヤのあるやわらかい豆。家で豆を手動でひいているのですが、やわらかい分とても楽でした。そしてしっとりとしたパウダー状の粉ができあがり、香り高い。
早速淹れて飲んでみると・・・クラシカルで上品。なんとも言えない美味なコーヒーです。雑味のない、まるでワインのように舌で転がしながら味わいたくなる深みのある味わい。足しげく通うファンがいるのも納得です。これまで味わってきたコーヒーと、どことなく違う。飲んでいて不思議と昭和のレトロなステンドグラスのある静かな喫茶店で飲んでいるような感覚におそわれました。コーヒーを飲んでホッツと一息。そうは言っても実際にほっと一息できることはそうありません。ここで買ったコーヒーを飲んだ時、レトロな喫茶店にいるような錯覚を覚えたのはまさに脳が休憩状態になり「ホッと一息」ができた証拠かもしれません。
[寄稿者:まちむすめ]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/machimusume/
■関連記事
写真を見たら食べてみたくなる。縦割りしっとりショートケーキを求めて
http://tabizine.jp/2016/07/16/87623/ 

自家焙煎珈琲工房 南方郵便機
place
東京都府中市府中町2-20-13 遠藤ビル1F
phone
0423355292
opening-hour
10:00-19:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら