【鳥取】縁側を眺めながら地元の季節料理を。趣深い古民家レストラン


2016.06.11

TABIZINE

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】
3月、鳥取に2週間里帰りしていたのですが、義両親に息子を見ていてもらう間に鳥取市にある縁側を開拓してきました! それがなかなか趣きのあるいい古民家レストランを発見しまして。駅近ではないのですが、比較的鳥取駅から近いです(最寄り駅は湖山駅)。
いや、都内に住んでいる感覚だと近くはないのですが、鳥取に2週間住んで車生活していると車で30分以内は「近い」になりました(笑)。車生活おそるべし。
今回訪れたのは古民家レストラン「さとに千両」。
長屋門が残っている古民家レストランは珍しいですね。
お〜、これは期待できます。いいかんじ! お店に入ったら縁側に通されるのですが、
うお〜〜〜! いい雰囲気の縁側ですね。色もいいし、窓枠も素敵ですね。
店内は、椅子がありますね。でも、低い椅子なので日本家屋の雰囲気を壊していないかんじがいいです。
晴れていると光が入ってきて店内も明るくなります。テーブルの下にはホットカーペットが敷いてあり、足下からポカポカに。
座った位置から見える縁側と庭。
こちらの縁側は、切り目縁ですね(建物に対して直角に板を並べている)。
そして初めて見るのが、豆腐板! 花瓶を中心に板で囲んでいるのが豆腐板といいます。ランチは、季節の彩り弁当1,500円です。
地元で作った季節の野菜や旬の素材が使われていて、とても美味しかったです。
[寄稿者:成瀬 夏実]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/narusenatsumi/ 

read-more
さとに 千両
place
鳥取県鳥取市里仁312-2
phone
0857501611
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら