【長野】100年前のカレーライスが食べられる!古民家カフェでランチ


2015.08.19

TABIZINE

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】
木曽路の奈良井宿に行ってきました。奈良井宿は、長野県塩尻市に残る昔ながらの宿場町。古い建物が保存されていて面白そうなところなの。ガイドブックで見てからずっと行ってみたいなと思っていたのよね。
まずはランチから。窓際のテーブルを確保。額縁の絵みたいな光景ステキでしょ。
ここはJR中央本線奈良井駅の近くにあるカフェ深山。
古民家をリノベーションしたのかな。天井の太い梁は古いけどそれ以外はほぼ新しいのよね。昭和のオモチャとかなつかしいグッズもあったり。
ランチでいただいたのは100年前のライスカレー。見た目はカレーだけど、カレールーがさらっとして不思議な感じ。100年前のレシピでつくったカレーなんだって。100年前の、、って言われてなければさらっとしすぎて物足りない気がしてたかもね。
お茶やお茶菓子もおいしそう。さてと。奈良井宿の散策にくりだしますか。
[カフェ深山]
[寄稿者:shiho]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/shiho/
 

read-more
カフェ深山
place
長野県塩尻市大字奈良井837-101
phone
0264342500
opening-hour
10:00-17:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら