【麻布十番】無言で夢中になるほどおいしいフレンチワインBAR「和音」


2015.04.15

TABIZINE

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】
グルメなご夫妻からの嬉しい誘いで、麻布十番の和音へ。
こちらのお店はアロマフレスカ系列のカーザヴィニタリアの1階にあるワインBAR。と言ってもよくあるワインメインでおつまみちょこっとのワインBARじゃなくて、事前予約をしておけばしっかりしたフレンチコースを楽しみながら、お得意のワインを楽しめるという本格フレンチワインBAR。
噂をずっと聞いていたから、めちゃめちゃ楽しみに初訪店!この日は常連ご夫妻が、前もってお食事のコースとそのお食事にあうワインのマリアージュでお願いしてくれていたので、お店の方もスペシャルな準備で迎えてくれたみたい♪
まずはルノーブルでお出迎え。
一品目どんなお食事かな~??ってワクワクしてたら・・泡をまだ飲んでる最中なのに赤ワインの大きいグラスが運ばれて来て
赤ワインが注がれて、、、え???泡飲みながら赤ですか??って思ったら、なんだかヴィンテージの赤みたいなちょっとくすんだ赤い液体。。しかも湯気が立っていて、、グラスが熱気で曇ってるしw
『赤ワインです』っていう感じでサーブされたので、あやしいなーと思いつつ聞いてみると、なんとこちらコンソメスープ!!!!すっごく美味しかった♪ スゴく濃厚で、とっても澄んだコンソメスープだったから、きっとアクを抜き、濁りをとるという作業を繰り返して作ったダブルコンソメに違いない!!(ちゃんと質問するの忘れました)
始めの一皿からノックアウト!そして二皿目は大好きな、、こんな感じ。
合わせるワインはとっても美味しい白ワイン。
ワイン大好きだけど、覚える気も全くなく、選ぶ気も全くない私には、お料理に合わせてお店の方がマリアージュを考えてサーヴしてくれるこういう流れが一番嬉しい♪ 2品目が終わった後、コレを飲んで次のお皿を待ってて下さい~ってサーブされたかわいいエチケットのワイン。
そして3品目のコレが、この日一番のお気に入りになりました!!!
真鱈の白子を使ったフランなんだけど、、、白子だけじゃなくスゴい食材が使われてるの!!本当に、、本当に、、美味しかった~♪コレは食べてみてもらわないとなんとも説明できない美味しさなので、ここでは多くは語りませんw
どんな食材が使われてるかは、、どんな美味しさなのかは、、食べてからのお楽しみ。おしゃべりに夢中だった私達が、終始無言でフランと向き合った時間でした。
同時にサーブされたのがこちらのワイン。
お食事に合わせて、少しずつ色んなワインを楽しめるってほんと贅沢ー!
お口直しのおいしいトマト。
そしてメインのお魚料理はブイヤベース
蚫とか入っちゃってて、美味しさだけじゃなく食材の豪華さにビックリしたブイヤベースに合わせていただいたのは、ヴィンテージの白ワイン。お店の方曰く、こちらの白ワインに合わせてお料理をこのブイヤベースにしたんだとか。
塩味は優しく、出汁はしっかり。素材の味を楽しめるブイヤベースでした。そしてメインのお魚料理はヒレ×黒トリュフ!まず、運ばれてきた牛ヒレのポワレ。こちらに
わさわさ!!わさわさ!!黒トリュフをすり下ろして・・ヒレ肉が見えなくなっちゃったww
こちらに合わせて頂いたのがまたまたスゴいヴィンテージ。
ヴィンテージワインでも珍しいくらい痛んだこのエチケット。このワインが生まれてから、この日のワイングラスに辿り着くまでの歴史をエチケットを見て感じながら、より美味しくいただくことができました。
最後は〆の赤ワインと
ベリーを使ったさっぱりデザート
と思ったら、、もう一品&もう一杯。
おいしくて、おなかいっぱいで、、ビックリ大満足な夜でした♪こちらの和音さん、今回はしっかりコースをテーブルでいただきましたが、カウンター席でワインBAR風に軽めに楽しむこともできるみたい。しっかりがっつりから、軽めのBARまでたのしめるフレンチワインBAR和音。とってもいいお店を教えて頂いたので、次回は一人でカウンターワインしにお邪魔してみます♪
素敵なお店をご紹介いただいた、Mさんご夫妻に改めて感謝です。教えてもらわなかったら絶対に知らなかったような隠れ家。席数も少ないので、ブログで公開するのもためらいつつ、、、やっぱり教えたくなっちゃうお店だったのでブログアップしちゃいました。伺う際は、予約をしてからがオススメです♪
■BAR和音
住所:東京都港区南麻布1-7-31
電話:03-5439-4170
[寄稿者:megumin]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/megumin/  

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら