千匹もの鯉が空を舞う!大阪・高槻「こいのぼりフェスタ1000」


2016.04.25

LINEトラベルjp 旅行ガイド

子供達の健やかなる成長と健康を願って揚げられる鯉のぼり。大阪・高槻にある芥川桜堤公園では1000匹もの鯉のぼりが一斉に大空を舞うイベント「こいのぼりフェスタ1000」が行われます。天高く気持ち良さそうに泳ぐ鯉のぼり達の姿は壮観ですぞ~!
夢鯉ロードを進め!
JR高槻駅から西へ進むこと約1キロ。夢鯉ロードと名付けられた道を芥川沿いに上っていくと、約1000匹もの鯉のぼりが川の上ではためく姿が見えてきます。
そこが「こいのぼりフェスタ1000」の会場である、芥川桜堤公園です。芥川桜堤公園は川遊びができるように改装されており、あちらこちらで子供たちの歓声が聞こえ、大人たちは子供たちが楽しげに遊ぶ様子を見つめるという、実にのどかで幸せな光景が広がっています。
天高く泳ぐ鯉のぼり!
空を埋め尽くさんばかりの鯉のぼりが掲揚されるのは、2016年4月25日(月)~5月6日(金)の間。その期間中の4月29日(金)には、地元学生達によるダンスやブラスバンドの演奏が披露されるイベント「こいのぼりフェスタ1000」が開催されます。フェスタでは他にも消防隊の楽団や和太鼓の演奏なども行われ、模擬店の出店やゲームコーナなどもあって大人から子供まで一日中楽しめるイベントとなっております。
春には桜の名所と知られる芥川桜堤公園。「こいのぼりフェスタ」が行われる初夏のこの時期には、見事なまでの菜の花が公園内に咲いています。晴れ渡る青空の下に咲く、目にも鮮やかな黄色い菜の花。とても綺麗なので、是非とも鯉のぼりと共に楽しんでみてください!
端午の節句は鯉のぼりと鎧兜だ!
歴史ある街・高槻には見どころが多ので、古い街並みなどを見学してみるのも良いかもしれません。「こいのぼりフェスタ1000」の会場である芥川桜堤公園のすぐ側には西国街道が通っており、街道沿いには芥川宿と呼ばれる宿場町が広がっています。当時の面影が残る趣の有る街並みは必見です!
子供連れで来られた方には高槻城跡にある「高槻しろあと歴史館」がお勧めです。こちらの歴史館では、模型や映像コーナーで高槻の歴史を楽しく学ぶことが出来るのですが、やはりなんといっても一番の目玉は体験コーナー!紙で出来た鎧兜や、お姫様の衣装を着て歴史館内に作られている石垣の前で記念撮影をする事が出来るようになっています。お子様たちには良い思い出となる事間違いなし!
五月五日の子供の日には、江戸時代に作られた本物の兜や火縄銃を触る体験イベントも開かれます(平成28年度)。歴史館の開館時間などはリンク先の公式サイトをチェックしてみてください。
端午の節句は鯉のぼりと鎧兜だ!
アクセスなど
JR高槻駅から「こいのぼりフェスタ」の会場である芥川桜堤公園までは、徒歩15分程と気軽に歩いて行けるくらいの距離なのですが、「高槻しろあと歴史館」(芥川桜堤公園からはかなりの距離)や芥川宿を巡る予定ならばレンタサイクルを利用してみてください。一日中借りても100円とお値段も安く、バスで回るよりも早くて便利です。ただレンタサイクルの営業場所は阪急高槻市駅近くにありますので、最初からレンタサイクルを利用しようと思われるのならJRではなく阪急を利用して来られるのが良いかもしれません。
レンタサイクルのお店の場所は商店街近くにあって少しわかりにくい場所なので、リンク先の地図でご確認ください。
大阪・高槻の初夏の風物詩、楽しんでみてくださいね! 

read-more
高槻〔JR〕
place
大阪府高槻市芥川町1丁目

この記事を含むまとめ記事はこちら