NHK朝の連ドラ「まれ」横浜編ロケ地巡り・撮影場所ご案内


2015.05.20

LINEトラベルjp 旅行ガイド

NHK朝ドラ「まれ」。能登へ移住した一家と素朴な能登の人々とのふれあいが魅力の「能登編」から、舞台は主人公・希(まれ)が夢を追いかける「横浜編」へ。横浜編では美味しそうな横浜のケーキも見どころの一つ。また、有名観光スポットも多く登場しますので、横浜へお出かけの際は是非ドラマの中の風景を探してみてください。
港の見える丘公園
NHK朝ドラ「まれ」の後半の舞台は夢を追いかけて横浜へ行くところから始まります。
昔食べたケーキの味が忘れられず、横浜に店を構えるそのケーキ屋へ弟子入り志願に行く希ですが、面接時に出してもらったケーキを食べて「これではない…」と、弟子入りを断ります。その後、能登の家族に報告の電話をしたのが写真の「港の見える丘公園」。
実はこの場所、まれのお父さん(津村徹)がお母さん(藍)にプロポーズした場所でもあるのです。2つの場面には写真にも写っている特徴的な屋根を見ることができます。
ここはアクセスもよく、小高い丘から見える景色も横浜らしくおすすめです。少々上り坂ですが、季節の草花が目を楽しませてくれます。「まれ」だけではなく、映画「コクリコ坂から」の舞台だったり、アニメ「魔法科高校の劣等生」でベイヒルズタワーがある場所だったりと、何かとロケ地や舞台に選ばれる場所です。
山下公園
横浜で一番有名な公園・山下公園。横浜に旅行で訪れたなら間違いなく足を運ぶスポットと言ってもいいでしょう。こちらでは希が修行先を探して、ケーキをひたすら食べる日のワンシーンで登場。ケーキを食べる姿の後ろに日本郵船氷川丸がチラッと登場します。
氷川丸は「北太平洋の女王」と呼ばれたかつての大型客船。現在は横浜市指定有形文化財で、チャップリンも乗船した歴史を持ちます。
山下公園は、実は関東大震災のがれきを埋め立てて作られた公園。訪れる人の絶えない人気のスポットですが、そのような歴史はあまり知られていません。
横浜のシンボル的なスポットですので、ドラマで登場するシーンに見覚えのある方も多いはず。これからロケ地めぐりを計画されている方にも必ず訪れてほしい場所です。
横浜中華街
横浜と言えば中華街を思い浮かべる方も多いでしょう。港町に中華街はつきもの。中華街は長崎や神戸にもありますが、横浜の中華街は規模も大きく、とても賑やかです。
ドラマでは、希の幼なじみの高志が横浜中華街の中華料理店「天中殺」で働いているという設定。この「天中殺」の2階が、希が修行するフランス菓子店「マ・シェリ・シュ・シュ」の寮になっているので、ドラマでは度々登場するエリアです。ドラマではケーキだけではなく、中華街のグルメにも目が離せませんね。
横浜中華街
横浜ロケ地めぐりは徒歩圏内でラクチン
今回ご紹介した3ヶ所は徒歩圏内で楽に周れるロケ地です。スイーツや食べ歩きも楽しめるエリアですので、ドラマに出てきた風景を探しながらのんびりと散策してみましょう。 

read-more
港の見える丘公園
place
神奈川県横浜市中区山手町114
phone
0456712643
すべて表示arrow
no image
山下公園
place
神奈川県横浜市中区山下町279
phone
0456712643
すべて表示arrow
no image
横浜中華街
place
神奈川県横浜市中区山下町
opening-hour
店舗・施設により異なる
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら