ここだけは外せない!近江八幡「八幡掘」周辺の見どころ5選!


2015.03.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

琵琶湖の南、滋賀県中央部に位置する近江八幡市。近江商人と水郷で有名なこの街は古い町並みを今に残し、観光名所として人気を集めています。
特に「八幡掘」と呼ばれる周辺は観光スポットも豊富。時代劇のロケ地として度々登場する八幡掘の風景や、日牟禮八幡宮の左義長、ヴォーリズの近代建築建築、古い商屋の町並みなど見どころは豊富。
国の重要文化的景観第1号にも選ばれた八幡堀周辺のおすすめスポットをご紹介します!
時代劇ロケ地としても人気の八幡掘
近江八幡への観光なら絶対に外せないのが八幡堀の風景。
豊臣秀吉の甥で後に養子となった戦国時代の武将豊臣秀次が城を守るためのお堀として築かれていたものを運河として利用することで、商人の町として近江八幡は大いに活気づきました。
八幡掘を巡るなら日牟禮八幡宮への参道として架けられている白雲橋から東は船橋、西は新町浜あたりが散策ポイント。
その時代の面影が今も遺る八幡掘の風景は時代劇のロケ地としても使われることが多く、運が良ければ実際の撮影現場に立ち会えることも。映画やドラマのロケ撮影のスケジュールは近江八幡観光物産協会ホームページの「近江八幡ロケ撮影・イベントスケジュール」でご確認いただけます。
そして八幡掘の風情を直に堪能するならば、船に乗っての「水郷めぐり」は外せません。基本は乗合船となり1人2,000円(税別)ほどで当日受付も可能です。
3月には壮大な左義長まつりが開催される日牟禮八幡宮
八幡掘から歩いてすぐ、八幡山のふもとに建つ日牟禮八幡宮は近江商人の氏神さまとして千年余りの歴史を誇る神社。遠近問わず人々から篤い信仰を受けて繁栄した神社で、約4万4000平方メートルという広大な境内には多くの樹々が生い茂り、参道には和菓子で有名な「たねや」さん、バウムクーヘンが人気の「クラブハリエ」など飲食店も多く並びます。
日牟禮八幡宮では毎年3月14・15日に近い土曜日と日曜日に壮大な左義長まつりが執り行われます。これは春の訪れを告げる祭りで、日牟禮八幡宮の左義長祭りはその山車の絢爛豪華さが見どころのひとつ。
安土城に城を構えた織田信長も華美な衣装で自ら躍り出たと伝えられており、その年の干支にちなんだものを黒豆、あずき、昆布、スルメなどを食材として作り上げられた何基もの左義長が揃いの半纏を羽織った踊り子によって担がれます。祭りの最終日である日曜日には左義長同士をぶつけあう「けんか」が行われ、夜の8時から順次に左義長は燃やされ奉納されてていきます。
日牟禮八幡宮の左義長まつりは、観光客やカメラマンが例年5万人以上の人出で賑わう滋賀を代表するお祭り。この両日は通行規制が敷かれますので左義長まつりを目的に訪れる方は早めにお出掛けされることをお薦めします。
山頂の村雲御所瑞龍寺へはロープウェイで
日牟禮八幡宮を八幡山の方へ少し歩けば、ロープウェイ乗り場があります。このロープウェイで向かう先は瑞龍寺。
八幡山城主である豊臣秀次が高野山で秀吉の命により自害させられると、秀次の母であり、豊臣秀吉の姉である瑞龍院日秀尼公が秀次の菩提を弔うために京都の村雲に瑞龍寺を創建。村雲御所と呼ばれたこの寺は、昭和36年に八幡山へと移築され現在に至っています。
瑞龍寺からは麓の近江八幡の街並みが広がり、近江八幡の碁盤目状の区割りがよく分かります。また、遠くには琵琶湖の内湖である西の湖や水郷から続く琵琶湖を眺めることができ、市内随一と言われる絶景が見渡せます。
山頂の村雲御所瑞龍寺へはロープウェイで
八幡掘の新町浜を南へ下ると京街道門前通りにあたります。
通りの商店は八幡掘の辺りよりも時代が少し進んで、昭和の面影を残す風情ある商店街。扇形に広がる京街道門前通りの要に位置するのがこちらの願成就寺です。
石段を登った先には国の重要文化財指定を受けている十一面観音像や、木の中地蔵尊が安置されています。現在は商店街とコラボして、願いが叶う絵札が1枚100円で門前通りの各商店で販売されています。この絵札に願い事を書いて願成就寺の境内にある絵札奉納板に張れば願いが叶うかも!?
願成就寺の十一面観音像と木の中地蔵は通常公開されていない秘仏ですが、十一面観音像は10名以上の団体であれば事前予約で拝観が可能です。木の中地蔵は毎年9月23日にご開帳されます。
ヴォーリズの建築物がたくさん見られるのは近江八幡だけ!
近江八幡の見どころとして是非おすすめしたいのがウイリアム・メレル・ヴォーリズの建築物。近江八幡には商人屋敷といった和の建築物が多く遺されていますが、町を歩いてみると異国情緒のある洋風建築が多いことに気付くはず。
それらの設計を手がけたのが、大正から昭和初期にかけて活躍したヴォーリズで、明治38年に八幡商業高校の英語教師として来日してからずっと近江八幡を拠点として全国に約1500以上の建築設計を手がけました。近江八幡を愛した建築家としても有名です。
そんなヴォーリズ建築はアメリカの建築様式を用いながらも、近江八幡の町の景色に調和するようにどことなく和の雰囲気を併せもった建築。近江八幡市内では日牟禮八幡宮の鳥居の向かいに建つ白雲館、近江兄弟社学園ハイド記念館、村岡邸、旧八幡郵便局、アンドリュース記念館、近江八幡教会牧師館、ヴォーリズ記念病院など多くの建築物が現存しています。
多くの建物が中に入ることは出来ず外観を眺めるだけですが、写真のヴォーリズ記念館は事前電話予約で中へ入ることが出来ます。近江八幡市の名誉市民第一号でもあるヴォーリズの功績を讃え、館内には83年の生涯の記録と遺品などが展示されています。ヴォーリズ記念館はヴォーリズが日本人の妻とともに後半生を過ごした住宅で、日本の木造住宅のように見えますが、よく見てみると赤いレンガ屋根を張り、白い煙突、両開きの白い窓といった日本の風景にあった洋風建築が見どころです。
ヴォーリズ記念館
営業時間、連絡先など詳細は下記のリンク先をご参照ください。
おわりに
八幡掘周辺の観光は近江八幡駅からのアクセスもよく、商人の町並みを散策したりヴォーリズ建築を探したりと一日中楽しむことが出来ます。
今回ご紹介できませんでしたが、瓦専門に展示をした「かわらミュージアム」や「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」などミュージアムも豊富。ご飯を食べるならちょっと贅沢に「近江牛のすき焼き」などなど、近江八幡は丸一日散策しても飽きない観光スポットです。 

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
rating

4.0

8件の口コミ
place
滋賀県近江八幡市永原町上16
phone
0748365018
opening-hour
11:00-17:00
no image
日牟禮八幡宮
rating

4.0

152件の口コミ
place
滋賀県近江八幡市宮内町257
phone
0748323151
八幡堀
place
滋賀県近江八幡市
phone
0748336061
no image
かわらミュージアム
rating

3.5

44件の口コミ
place
滋賀県近江八幡市多賀町738-2
phone
0748338567
opening-hour
9:00-17:00(最終入館16:30)
本山村雲御所 瑞龍寺門跡
place
滋賀県近江八幡市宮内町19-9
phone
0748323323
opening-hour
9:00-16:30
ヴォーリズ記念館
rating

4.0

17件の口コミ
place
滋賀県近江八幡市慈恩寺町元11
phone
0748322456
opening-hour
10:00-16:00※要電話予約

この記事を含むまとめ記事はこちら