絶対買いたい秩父名物土産!龍の舞、ちちぶまゆ、豚肉味噌漬


2015.03.02

LINEトラベルjp 旅行ガイド

秩父に行ったら是非買って帰りたいご当地名物土産があります。中でもお勧したいのはユニークな2つのふわふわ繭菓子「龍の舞」と「ちちぶまゆ」。龍の舞は蜂蜜を伸ばして作った16384本の糸を紡いだ繭型の飴細工。ちちぶまゆは秩父産メープルシュガー「秩父カエデ糖」を使ったふわっふわマシュマロで、食べると中からカエデ糖のジュレがじゅわっと出てきます。この他、豚肉味噌漬、しゃくし菜料理などの秩父グルメを紹介します
16384本の蜂蜜の糸を紡いだ不思議食感!ふわふわ白繭スイーツ
伝統菓子の龍の舞は、元は龍の中国や韓国に伝わる「龍の髭」というお菓子をアレンジしたお菓子。蜂蜜の塊を伸ばしては重ね、最後は髪の毛よりも細い糸にして、それを紡いでできたふわふわ繭の飴細工菓子。その糸の数は実に16384本にもなります。
繊細な飴細工は触れると壊れてしまいそうなほど繊細で、口に入れると一瞬で溶けていきます。保存は要冷蔵。どうぞその口溶けを楽しんでください。
実演!蜂蜜の塊りを重ねて伸ばし、16384本の細い糸へ
西武秩父駅の秩父仲見世通りの真ん中あたり、ここでは実際に白い飴を伸ばして龍の舞を作っているところを見ることができます。何だろうと遠巻きに見ていると、どうぞ近くで見てくださいとお店の人が声を掛けてくれます。気軽に見学できますので、是非近くに寄って見てみてください。
秩父産メープルシュガー「秩父カエデ糖」スイーツNO.1ちちぶまゆ
秩父産のメープルシュガー(メープルシロップ)「秩父カエデ糖」をご存知でしょうか。秩父にはこの秩父カエデ糖を使ったお菓子がたくさん作られています。中でも一押しはこちらの「ちちぶまゆ」。
その柔らかさといったら、半端ありません。ふわっふわっの白い繭をかじると、中からはカエデ糖のジュレが出てきて、何とも言えない食感!そして、そのほの甘い自然の甘味でいくつでも食べてしまえます。
和のマシュマロ、秩父カエデ糖の美味しさを是非体感してください。
秩父産メープルシュガー「秩父カエデ糖」スイーツNO.1ちちぶまゆ
秩父豚肉味噌漬けは、味噌漬けされた豚肉を焼いて食べるのですが、残った味噌は捨てず、肉を付け込んで焼いたり、野菜炒めに調味料として使ったり、余し捨てることなく活用できるお得な商品です。
秩父仲見世通りでご当地グルメ!しゃくし菜料理や姫豚わらじカツ丼
秩父仲見世通りの「お食事処仲見世」には、秩父のご当地食を食べさせてくれるお店もあります。
写真はしゃしく菜を使ったチャーハンとコロッケのランチセット(600円)。しゃくし菜はお土産品で漬け物も人気ですが、はじめてしゃくし菜を知る人にとっては、料理として頂けるのは嬉しいものです。
また、テレビ番組の「モーニングバード」でも紹介された、姫豚わらじカツ丼(1000円)、熊笹うどんなどもあります。
※料金は取材時のものになります。
秩父夜祭だけじゃない!パワースポットに郷土料理も楽しんで!
秩父名物土産をまとめ買いするなら、西武秩父線の西武秩父駅にある秩父仲見世通りが便利です。龍の舞の実演もここで見られます。
秩父には「秩父夜祭」や「秩父札所34ヵ所」の寺院等のパワースポット巡り、ハイキングなどで度々来られている方も多いと思います。最近は「ちちぶの和点心小昼飯」など秩父の郷土食も人気です。
MEMOの情報サイトも是非参考にして、新たな秩父の楽しみを探してみてください。 

read-more
西武秩父駅前温泉 祭の湯
place
埼玉県秩父市野坂町1-16-15
phone
0494227111
opening-hour
10:00-21:00(最終受付20:30)※…

この記事を含むまとめ記事はこちら