隠れた名店!知る人ぞ知る宇都宮の超絶品巨大餃子「中華園」


2015.02.26

LINEトラベルjp 旅行ガイド

餃子と言えば宇都宮、宇都宮と言えば餃子ですね。宇都宮に行ったら「宇都宮みんみん」や「正嗣」などの名店が有名ですが、今回オススメする店は違います。
その名も「中華園」!
このお店、なかなか宇都宮の餃子好きの方も知らないかと思います。
ここの餃子の特徴はとにかく巨大!そして、夜遅くまでやっているので安心です。
とにかく宇都宮に来たらここだけは食べておいた方が良い!
今回はそんなお店をご紹介いたします♪
中華園の場所と雰囲気
宇都宮の大通りや栃木県庁からほど近い宇都宮泉町通りを歩いていると、スナックやバーが立ち並ぶ昭和の路地裏繁華街にたどり着きます。夜の怪しい雰囲気に誘われて、ちょろっと寄ってみたい店があらわれます。
繁華街を貫く細い川沿いに照らされる赤い暖簾が1枚。どこか安心する昭和の中華料理屋のたたずまいに誘われ暖簾をくぐると明るい店内。レジのおばあさんの前を通り過ぎ、長いカウンター席が広がっています。綺麗な店内、でも気取らないホッとする雰囲気がします。席も程よく、人と人との笑顔が見えます。
これが中華園の巨大餃子!
まず中華園に行って頼むべきもの。それは“焼きギョウザ”!!ここの餃子、500円で4つ出てきます。注文が入ってから包む餃子は、できるまで15分ほど時間がかかります。
餃子が運ばれてきて、目の前にするとその巨大さに圧倒されます。バナナくらいはあるでしょうか。まず一口では食べられない大きさ!皮は厚くモッチリとしていて、手で伸ばしたのがしっかりわかります。頬張ると、これでもかと肉汁があふれ出します。この肉汁スープが思ったよりスッキリしていて、何個でも食べれてしまうような味です。宇都宮に来てよかったと実感できるでしょう。
もちもちの水餃子!
餃子は焼き餃子だけではありません。中華園に行ったらぜひ水餃子も食べてみてください(水餃子:600円/6つ入り)。
皮が本当にモッチモチしていて「あーうまいってこういうことなんだな」と分かる水餃子です。豚肉のうまみ、肉と皮のマッチング、「これは小龍包かな?」と思うほどあふれ出る肉のスープ。酢醤油で食べるとそこには今まで経験のない宇都宮本場の水餃子の味が広がります。
もちもちの水餃子!
中華園は餃子以外のメニューも充実しています。
オススメのメニューだけ抜粋してお伝えします♪
【オススメメニュー】
・ワンタンメン(800円)
もちろんモチモチのワンタンが食べられます。
・生馬麺(800円)
サンマーメンと読みます。もやしあんかけらーめん。あんかけのスープが濃厚。
・清湯麺(800円)
さらっとしたスープがおいしい、玉子と野菜入りらーめん。
・豚もつそば(850円)
コリコリの豚もつが忘れられない味に!
・チャーハン(750~850円)
ノーマル、ホウレン草、野菜、エビ、カニが選べます!どれもパラパラで本当においしいチャーハン。
季節限定メニュー
中華園では季節限定のメニューも楽しめます。
何度も行きたくなってしまう。これが中華園での魅力でもあります。
【夏季限定メニュー】
・もやし冷麺(650円)
ピリ辛もやしがのった冷麺。夏のサッパリしたい時に!
・五目冷麺(850円)
叉焼、メンマ、ゆで卵、トマト、胡麻、搾菜、紅生姜、レタス、キュウリの入ったてんこ盛り冷やし中華。麺は中太ちぢれ麺でスープに絡みます。
【冬季限定メニュー】
・家常麺(800円)
冬に頼みたくなる手打ち煮込みそば。麺がまるでうどんをほうふつとさせる太さ!
白湯スープで煮こまれた甘い白菜はほのかに海老の匂いが漂います。絶品。
・包子(300円)
いわゆる肉まん。しかし、やはりこれも巨大。齧り付いてあふれる肉汁。とても肉々しい肉まんがたべられます。
肉まんはテイクアウトもできますのでお腹いっぱいならぜひお持ち帰りもしてみてください!
おわりに
いかがでしたか?
宇都宮の巨大餃子「中華園」!
深夜2時までやっているので出張や観光で夜遅く宇都宮についても食べに行ける安心があります!
宇都宮へお出かけの際はぜひお立ち寄りください♪
【アクセス】
東武宇都宮駅から徒歩5分
JR宇都宮駅から徒歩18分
【営業時間】
月~金曜日
11:00~14:00(ラストオーダー13:30)
18:00~翌2:00(ラストオーダー翌1:30)
土曜日
18:00~翌2:00(ラストオーダー翌1:30)
【定休日】
日曜・祝日 

中華園
rating

4.0

8件の口コミ
place
栃木県宇都宮市泉町2-12
phone
0286218159
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら