悠久の古刹を彩る紅葉。姫路・書写山円教寺


2014.11.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

11月の中旬から12初旬にかけ、姫路平野を見下ろす書写山の紅葉が見頃を迎える。毎年11月には「書写山もみじまつり」が開催される姫路を代表する紅葉の名所。山腹には、西の比叡山とも呼ばれる千年の古刹・書寫山圓教寺(書写山円教寺)がある。悠久の刻を感じさせる紅葉の名所をご紹介しよう。
参道を照らす紅葉
書写山は、姫路市街地から北西の方向にある標高371mの山。山腹に建つ円教寺は、西国三十三観音霊場第二十七番札所であり、三十三ヶ所中最大規模の寺院だ。中世には比叡山、大山とともに天台宗三大道場と並び称された巨刹でもある。現在も山中に8件13棟の国指定重要文化財の他、県や市の指定を受けた建物などが点在している。
山上に行くのは登山道もあるが、この季節は特に書写ロープウェイがおすすめだ。山上までの4分間、紅葉に染まる山並みを眺めながら空中散歩を愉しめる。
ロープウェイを降りてからのおよそ1Kmは参道を歩くことになる。古木や杉木立の中、観音像が建ち並ぶ参道を照らすかのごとく赤く染まった紅葉の鮮やかさに目を奪われることになるだろう。
摩尼殿を包む紅葉
円教寺には、京都・清水寺と同じ舞台作りの摩尼殿がある。舞台作りとは、崖や岩肌に建築するという日本独特の建築様式ともいえる。開基・性空(しょうくう)上人は、岩山の中腹にあった桜の木を天人が拝むのを見たことから、生木に観音像を刻まれたというのが由来だ。創建は天禄元年(970)。大正10年(1921年)に焼失したが、昭和8年(1933年)に再建された。
摩尼殿を包むように紅葉広がる光景は一見の価値あり。また、摩尼殿から眺める紅葉も一興。外からも中からも紅葉を愉しめる。
郷愁を覚える小堂の紅葉
古き小堂に、なぜこれほど紅葉がよく似合うのだろうか。
三間四方の小堂と紅葉の組み合わせは、どことなく懐かしく郷愁を覚えずにはいられない。
この建物は、室町時代に建築された国指定の重要文化財「金剛堂」。その鯱瓦は日本最古のデザインともいわれるものだ。
また、天井には天女の天井絵がある。「書写山もみじまつり」の際には限定公開されている。(文化財保護のため雨天時には、特別公開を中止される場合がある。)
郷愁を覚える小堂の紅葉
苔むした風景に赤い紅葉がよく似合う。
書写山には、およそ200種もの苔が自生しており、珍しいものも多くあるそうだ。苔は水分が多く湿度が高い谷間や森林内に多く生えるのだが、これが地表面の水分蒸発を防ぎ、草木が育つ土壌をつくる。書写の山が、深山幽谷の雰囲気を漂わす地であるのも、自然が織りなす力によるものだと感じることができる。
写真は瑞光院。内部は一般公開されていない為か、古びた土塀と苔むした風景に赤い紅葉がなんとも美しい。
このように書写の山では、様々な紅葉の風景を愉しむことができる。この季節多くの人がカメラを片手にやってくる。フォトコンテストも開催されており、この季節に撮影した写真が応募対象だ。グランプリを狙ってみるのもいいだろう。
2014年の書写山フォトコンテストは、11月1日から翌年1月31日に撮影された書写山(圓教寺・書写山ロープウェイ等)に関連した風景写真(景色、建物等)が対象となる。
「書写もみじまつり」
姫路の秋の代名詞ともいえる「書写もみじまつり」。紅葉だけではなく、特別公開される文化財もあり毎年多くの人が訪れている。2014年は11月22日(土)~24日(月)に開催される。また、書写ロープウェイの麓にある書写の里・美術工芸館(写真)でも、「もみじまつりイベント」が行われている。
姫路市書写の里・美術工芸館では、姫路出身の元東大寺管長・清水公照氏の作品や愛蔵品を常設展示している。また、伝統工芸職人による姫路はりこや姫路こま等製作の実演をしている工芸工房があり、絵付けの体験などもできる。1階階段に並べられたおよそ300体の個性あふれる泥仏は圧巻だ。
最後に
書写山へのアクセス方法を明記しておく。
JR神戸線「姫路駅」から「書写ロープウェイ行」の神姫バス約30分「書写駅」~ロープウェイ約4分「山上駅」~徒歩20分(志納所前から摩尼殿の下までマイクロバスも運行している)
車で行かれる方は、「書写ロープウェイ」でカーナビを設定するとよい。
ロープウェイの運行情報・料金等は公式サイトを参考にして欲しい。
また、書写山円教寺には入山時に志納金として大人500円が必要となる。
歴史ある古刹を彩る紅葉。いつもとは違う身の引き締まるような空間でみる紅葉は、きっと気に入ってもらえるに違いない。ぜひ秋の一日、書写山円教寺に足を運んで欲しい。
 

read-more
書寫山圓教寺
rating

4.5

4件の口コミ
place
兵庫県姫路市書写2968
phone
0792663327
opening-hour
8:30-17:00(ロープウェイ運行…

この記事を含むまとめ記事はこちら