札幌市のデカ盛りレトロ居酒屋とA字ビスケット社長レトロコレクションがすごい!


2014.11.07

LINEトラベルjp 旅行ガイド

冬の北海道観光といえば雪まつりや流氷などありますが、それに加えて平成26年度後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」の影響もあり、この冬は例年以上に人気が出そうな北海道。
今回、北海道の中心地と言える札幌市内の昔懐かしいレトロなグッズをこれでもかと展示しているスポットを2つ紹介します。明治から昭和にかけての激動の時代を生きた「マッサン」を感じられるかもしれません…。
レトロまみれの居酒屋!?「居酒屋てっちゃん」
北海道一の歓楽街と言われるススキノにある「居酒屋てっちゃん」は店に入ったところから度肝を抜かれます。壁一面にはところ狭しとレトロな映画のポスターや塗り絵、なにかのおまけのシールが貼られ、天井からはお面や人形が天井を覆いつくすがのごとくぶらさがっていたりと、まさにそこはレトロまみれ!
レトロ居酒屋の舟盛りは大ボリューム!
店内はレトロまみれな居酒屋てっちゃん。名物のお刺身盛り合わせ(1620円)はこれまた大ボリュームで一人前が普通の居酒屋の三人前はあります!また、北海道の海の幸だけあってどれも新鮮でおいしい!お刺身に飽きたら無料で塩コショウで炒めていただけるので、味に変化が欲しい時もうれしいですね。
不思議レトロ空間でおいしいお刺身を食べられる居酒屋てっちゃんは、人気店で日にちが悪いと予約でいっぱいになってしまうので早めのご予約をおススメします。
北海道昔ながらの味を作る会社はレトロ博物館!?「レトロスペース坂会館」
北海道に住んでいる方なら「A字ビスケット」というお菓子は必ず食べたことがあるといわれます。その「A字ビスケット」の製造販売をしている坂栄養食品さんの本社すぐ横には社長さんの私設博物館「レトロスペース坂会館」があります。
この「レトロスペース坂会館」は明治や大正の古道具から昭和のおもちゃまで幅広く展示してある博物館となっています。
北海道昔ながらの味を作る会社はレトロ博物館!?「レトロスペース坂会館」
レトロスペース坂会館の展示品の数はとにかく大量です。ライターやマッチ、おかしのおまけ、変わった物ならば大正時代のいろんなブランドの裁縫針コレクションなどなど…。通路で人がすれ違うのもやっとというくらい、所狭しとコレクションが展示されています。
見逃せないのは、館長さん一つ一つの物に対する愛情です。その物が映えるようなディスプレイの仕方をしており、傷ついているものは修復したり、その傷が目立たないような展示の仕方をしています。
おみやげにA字ビスケットも買えちゃう!
レトロスペース坂会館の本業はお菓子工場なので、館内ではA字ビスケットの試食や販売、さらには割れや欠けが発生したアウトレット品が販売されています。ここで北海道の昔ながらの味を食べてみてはいかがでしょうか?
さらにステッカーやキーホルダーと言ったオリジナルグッズの販売もしているので旅の思い出にもなると思います。
まとめとして
北海道の玄関口である新千歳空港から「マッサン」の舞台でもあるニッカウヰスキー余市蒸溜所に行く際は、一緒にこれらの「居酒屋てっちゃん」、「レトロスペース坂会館」行かれてみてはいかがでしょうか?
様々なレトログッズを見て、その時代を肌で感じることが出来るかと思います。 

てっちゃん
rating

4.0

42件の口コミ
place
北海道札幌市中央区南3条西4 カミヤビル7F
phone
0112712694
opening-hour
月・火・木-土 ディナー:17:00…

この記事を含むまとめ記事はこちら