憧れのショベルカー操縦!滋賀長浜「ヤンマーミュージアム」


2014.10.27

LINEトラベルjp 旅行ガイド

ディーゼルエンジンをはじめ農機・建機・小型船舶の製造販売を行う、ヤンマーグループ。
2012年に創業100周年を迎え、2013年に滋賀県長浜市に「ヤンマーミュージアム」がオープンしました。
館内は、一般人が普段触れることのないトラクターなどの農業機械や、ショベルカーなどの建築機械がたくさん!ミニショベルカーを操作しボールをすくいあげる体験に大興奮!テラスには足湯まである夢のようなミュージアムです!
トラクターってカッコイイ!最新農機に乗りまくる!
トラクター、田植え機、コンバイン、耕うん機。普段はなかなかじっくり見たり触ったりすることができない農業機械がたくさん展示されています。実際に運転席に座って写真を撮ることも可能です。撮影用に麦わら帽子が置いてあるので恥ずかしがらずに乗ってみて下さいね。
中でも最新型のトラクターが大人にも人気。思わず「かっこいい」と言ってしまうほどのデザイン性とボディーの光沢。農業機械って意外とカッコイイ!田植え機ってこんな仕組みなんだ!など新しい発見があることでしょう。
ついつい写真を撮ったりと浮かれてしまいますが、油圧の仕組みを分かりやすく体験できる展示や、機械の進歩につれて農業がどう変わっていったのかということが書かれていたりと興味深い展示内容です。
また、新しい博物館というだけあって、館内レイアウトや壁の案内板のデザインがオシャレ!堅苦しくなく楽しく見る事ができる展示です。
1度やってみたかった!ショベルカーの操作に挑戦してみよう!
農業ゾーンの次は「まちづくりゾーン」。建機のゾーンです。
なんといってもちびっ子の1番人気は「ミニショベルカーの操作体験」です。
本物のショベルカーを操作して、ボールプールに入ったボールをすくい上げ、右から左へ、左から右へと移動させます。操作方法はスタッフが側について教えてくれますので小さいお子さんもチャレンジできます。教えてもらった通りに操作をすると、「すくえた~!」感動です!混雑具合にもよりますが体験時間は1人1回2分~3分ぐらい。始めはぎこちなくてもコツをつかめばスムーズに動かせるようになると思います。
ちびっ子が大勢並んでいると大人が並ぶのは少し気が引けてしまいますが、そこは遠慮せずに。ショベルカーを運転する機会なんて滅多にありませんし、とっても楽しいのでぜひ大人も体験してみて下さいね!
海洋ゾーンでは実物大のプレジャーボート出現。シミュレーター操縦体験も!
「海洋ゾーン」にはドドーンと実物大のプレジャーボートが鎮座していて、中では珍しいボート運転シミュレーターを体験できます。先ほどのショベルカーと比べるとより手軽にゲーム感覚でチャレンジできます。実際に船内にいるような雰囲気で体験できるのは嬉しいですね。
隣接の「ものづくりゾーン」ではヤン坊マー坊の缶バッチをプレスして作るコーナーがあったり、小さな力で大きな歯車を動かすギアの仕組みが分かる展示があり、大人も子供も楽しく分かりやすい工夫がされています。
海洋ゾーンでは実物大のプレジャーボート出現。シミュレーター操縦体験も!
2階には、往年のエンジンがずらりと並ぶエンジンギャラリーが廊下に設置されており、機械好きにはたまらない展示となっています。
そして、何より驚きなのは屋外テラスがビオトープになっていることです。琵琶湖博物館と連携し整備したというビオトープでは、滋賀の植生やメダカなどの生き物を見ることができます。トンボも遊びに来る木道をのんびり散策してみて下さい。展望台もあり、琵琶湖や長浜城、伊吹山などを臨む眺めは爽快ですよ!
さらに・・・・・なんとこのテラスには足湯まであるんです!
見学で疲れた足の疲れを取るにはもってこいですね。エンジン熱を再利用して温めたという足湯に浸かりながら、ビオトープの草花を眺めほっこりのんびり!ミュージアムであることを思わず忘れてしまう空間に癒されます。
乗り物好きも、そうでない方も!乗りまくって楽しもう!
「ヤンマーミュージアム」は乗り物好き、機械好きの方はもちろん、そうでない方も楽しく見学できる体験型のミュージアムとなっています。ショベルカーの操作体験はぜひ挑戦してみて下さいね!
また緑化された屋根や、水をデザインに取り入れた建物外観、併設カフェ、展示のレイアウトなど随所にセンスの良さを感じるミュージアムです。そういった観点からも楽しんで頂けると思います。
JR長浜駅から徒歩10分とアクセスも良いので、城下町散策や町歩きと合わせてぜひ訪れてみてくださいね。 

ヤンマーミュージアム
rating

4.5

78件の口コミ
place
滋賀県長浜市三和町6-50
phone
0749628887
opening-hour
10:00-18:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら