カープ女子必見!たくさんの「鯉」が広島らしい広島護国神社


2014.08.28

LINEトラベルjp 旅行ガイド

広島の観光スポットと言えば、原爆ドームや平和記念公園をイメージする人も多いでしょう。しかし、広島には広島市民の平和を願う神社があるのをご存知ですか?その名も、広島護国神社といって、被爆しながらも市民の心と一緒に再興された神社です。実は「鯉城」と呼ばれていた広島城の中にある神社で、境内にはカワイイ鯉にちなんだものがいっぱい!今回は、そんな広島護国神社の「鯉」をたくさん見つけて紹介したいと思います。
平成に修復された美しい境内
広島護国神社は昭和20年の原爆投下の際は、旧市民球場の辺りにあり、原子爆弾の被害に遭いました。そのため焼失しましたが、昭和31年に広島市の再興のため現在の広島城の新社殿に移転されたのです。現在の社殿は、平成に入ってから修復されたもので、鳥居から境内を見ると全体的に美しい印象です。特に白く輝く鳥居は、神々しさを感じます。鯉城と呼ばれた広島城の中に、こんなに美しい神社があったのかと驚く人も多いと思います。
目標を達成させる昇鯉
鳥居をくぐって本殿に向かって足を進めると、向かって左側に本殿に向かって右側に、滝を昇る鯉をイメージして造られたと思われる像が置かれています。その鯉には「昇鯉(しょうり)の像」と名づけられています。もしかしたら「勝利(しょうり)」にかけているのかもしれませんが、願いを込めて撫でると目標を達成する事ができるといわれています。また、滝を昇る鯉にあやかって難関を突破できたり、開運出世のご利益もあるとか。心を込めて撫でて、努力の後押しをお願いしましょう。
縁結びを成就させる双鯉
「昇鯉の像」の反対側になる、本殿向かって左側には仲の良さそうな鯉の像が並んでいます。その像は「双鯉(そうり)の像」と呼ばれており、縁結びのご利益があるといわれている像です。家内安全や夫婦円満など、仲良く寄り添っている鯉のパワーにあやかろうとカップルで願いを込めて鯉たちを撫でていく様子も見られます。二匹で滝を昇っていく姿は、とても逞しく、強い愛を感じさせます。片思いの人は、相手と仲を深めているところを想像しながら撫でるといいかもしれません。
縁結びを成就させる双鯉
社務所に行くと、思わず目を奪われるおみくじを見つけます。ここもやっぱり鯉!鯉おみくじです。カワイイ鯉の口の中におみくじが入っています。おみくじが置かれている場所が青いので、たくさんの鯉が泳いでいるように見えて楽しい雰囲気です。もちろん、この鯉は持って帰れるものなので、記念に授かっていくのもオススメです。表情も微妙に違ったりするので、フィーリングで選んでみるのもいいでしょう。中に書いてある事がイマイチでも、ちょっとテンションが上がってしまいそうな楽しいおみくじです。
鯉の絵馬に願いを込めて
願いを叶えてくれる鯉の像や、おみくじを見たら、やっぱり鯉の絵馬に願いを込めてほしいものです。鯉が描かれた絵馬はもちろんありますが、2種類用意されているので一番気に入った絵柄を選びましょう。また、これらの絵馬は、昇鯉の像と双鯉の像をイメージしたものなので、願い事によって絵馬を選ぶのもいいかもしれません。願いを神様に届けてほしいのであれば滝を登るイメージの縦デザインの昇鯉を、優しく寄り添う2匹の鯉のようにパートナーとの関係を深めたいなら双鯉の絵馬に願いを込めましょう。
鯉だけではない!広島の復興を支えた神社
今回は広島護国神社の見どころの中でも鯉にちなんだものをご紹介しましたが、先述のとおり、この神社は広島で大きな役割を持っています。それは、広島の街と一緒に復興してきたシンボルでもあるという事です。被爆をして、焼失してしまった神社が今日まで形を持って残っているのは、広島を愛する地元の人が復興の気持ちを大切にして、平和を願い続けてきたから。そんな戦争で命を落とした人達の魂をお祀りしている大切な場所なのです。境内にいるだけでも不思議と落ち着く場所なので、広島を訪れたら、この神社にも足を運んで平和を願ったうえで参拝してほしいと思います。
 

read-more
広島護国神社
place
広島県広島市中区基町21-2
phone
0822215590
opening-hour
24時間

この記事を含むまとめ記事はこちら