登山のおともに!絶対食べたい高尾山グルメ5選


2014.08.29

LINEトラベルjp 旅行ガイド

世界一の登山者数を誇る高尾山。
ミシュランガイドにも掲載され、桜や紅葉のシーズンには大賑わいのエリアです。
この山のいいところは、手軽にハイキングが楽しめるほかに、登山道の途中に食事や休憩ができるスポットがたくさんあるところ。
いくら観光客が多い山でも、こんなにたくさんのお店が立ち並ぶところはあまりありません。
今回は、高尾山を訪れるならぜひ寄りたい、お財布にやさしいグルメをご紹介します!
香住売店/天狗焼
「天狗焼」は2007年から販売がはじまったこともあり、高尾山グルメとしては比較的最近のものですが、ここでしか食べられないというプレミア感もあってか、ほぼ常に行列ができているほどの人気です。
「天狗焼」は天狗の顔のかたちをした、たいやきのようなお菓子です。
北海道産の黒豆をたっぷりと使用していて、生地は外がカリカリ、中がふわふわで、1個でも食べるとかなり胃にずっしりきます。
できたてを買ってその場で食べるのが一番おいしいのですが、袋入りを買って残りを持ち帰ることもできます。
売店の表に焼いた生地の切れ端が試食用に置いてあるのですが、生地の素朴なおいしさがよくわかるので、ぜひ食べてみてください。
混雑するシーズンは飛ぶように売れるので、先に薬王院や山頂に行って、帰りに買おうと思ったら売り切れ…!ということがよくあります。
確実に食べたいなら先に買うか、早めに来店するようにしましょう。
「天狗焼」を取り扱っているのは、ケーブルカー高尾山駅の改札を出てすぐ左手にある売店なので、場所もわかりやすいです。
ケーブルカーの待ち時間に食べている人も多く見かけます。
十一丁目茶屋/天狗だんご
ケーブルカーを降りて薬王院方面に向かい数分歩くと、見晴台という眺望の開けた場所があります。
その隣にあるのがドラマやTV番組のロケでもよく登場する「十一丁目茶屋」です。
外向きのカウンター席に座ると、山々を目の前に眺めながら食事が楽しめます。
ここの名物はなんといっても天狗だんご。
オーダーを受けてからあぶってくれるので、出てくるまでに少し時間がかかります。
ケーブルや下山の時間を決めている人は要注意。
味は甘辛のみたらしだんごと、あんこたっぷりの草だんごの2種類のみ。
オーダーは3本~なので、ぜひ違う味と組み合わせてオーダーしましょう。
もちろん、おそばを食べた後のデザートとしても最高ですよ。
高尾山にはゴミ箱が設置されていませんので、食べた後のお皿や串は持ち帰るか、お店に返却してくださいね。
ごまどころ権現茶屋/ミルクジェラート
「ごまどころ権現茶屋」は男坂と女坂が合流するところにある、比較的大きなお店。天狗ラーメンの看板が目印です。
高尾山界隈では比較的新しいお店で、この茶屋の名物は「ごま」を使ったメニューが豊富です。
天狗ラーメンもおいしいのですが、食べ歩くにはラーメンはちょっと重い…。
そんな時は、ちょっと暑い時期なら冷やしきゅうりやミルクジェラート、寒い時期なら甘酒やごまだんごがおすすめです。
ミルクジェラートは八王子市内にある「磯沼牧場」のミルクを使用していて、とっても濃厚。
たくさん歩いて疲れた時にここを通るなら、ぜひとも食べていただきたいです!
自由にトッピングできるごまふりかけが置いてありますので、ちょっと変わったジェラートが食べてみたい人はぜひおためしを。
ごまどころ権現茶屋/ミルクジェラート
「奥高尾 細田屋」は高尾山頂を過ぎ、もみじ台へ少し下ったところにある茶屋です。
奥高尾の入り口にあり、山頂に比べると比較的人が少なく、のんびりと昼食休憩を取りたい時にはおすすめの場所です。
座席の半分以上が屋外なので雨の日はつらいですが、晴れていれば富士山を眺めながらゆっくりと休憩することができます。
なめこ汁は奥高尾界隈の茶屋では必ずといっていいほど置いてあるメニューなのですが、お店によって味や具が違うので、食べ比べも楽しいのです。
私の一番のおすすめは、この細田屋のなめこ汁!
味噌汁ベースのなめこ汁の具は、たっぷりのなめこ、三つ葉、ねぎだけととてもシンプル。
疲れた時、ちょっと汗をかいた時、肌寒い時、いついただいても安定のおいしさです。
とろろそばもおいしいので、胃袋に余裕のある方はぜひご賞味あれ。
日光屋/とろろそば&とろろ芋天ぷら
「日光屋」は高尾山で毎年開催される「冬そばキャンペーン」の参加店のひとつ。
高尾山口駅から程近い甲州街道沿いのお店ですが、清滝駅から参道までの道からはずれるので混雑が少なく、静かにおそばを食べたい時にはもってこいのお店です。
写真は夏におすすめのざるそばです。平打ちの麺にはきざみ海苔ではなく、青海苔がかかっているのがポイント。
ちょっと塩気の強いそばつゆが、登山後の身体にじわ~っと染み渡ります。
冬は期間限定で自然薯を使ったメニューがいただけます。
ぜひ一緒に食べたいのがサイドメニューのとろろ芋メニュー。
写真奥のとろろ芋の天ぷらは、サクサクふわふわでつい箸がすすんでしまう一品です。
下山後に山や花の話をしながら、これをつまみに一杯やっている方も多く見かけます。
食べ過ぎ注意!食べ歩きは計画的に…
ここでは紹介しきれませんでしたが、おいしいものはまだまだたくさんあります。
食べ放題からイタリアン、スイーツまでなんでもござれ。まさによりどりみどりのエリアですが、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を。
どうしても食べ過ぎで歩いて下山したくないよ~って時でも、ケーブルカーやリフトがあるのも高尾山の強みでしょう。
お酒を飲んでいる場合はリフト利用禁止なので、ケーブルカーを利用してくださいね。
紅葉シーズンはどこも混み合いやすいので、ピークの時期や時間帯をはずしてプランニングするとスムーズに回れますよ。
食べたいもの全部食べきれないし…って時も、次回のお楽しみとしてとっておいて、季節を変えながら二度三度訪れるのもいいかもしれませんね。 

read-more
日光屋
place
東京都八王子市高尾町2264
phone
0426639008
no image
十一丁目茶屋
rating

4.0

22件の口コミ
place
東京都八王子市高尾町2179
phone
0426613025
opening-hour
10:00-15:00
no image
ごまどころ 権現茶屋
rating

4.0

25件の口コミ
place
東京都八王子市高尾町2177
phone
0426612361
opening-hour
[月-金]10:00-16:00[土・日]11…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら