「水曜どうでしょう」ファン必見!北海道札幌の聖地巡礼!


2014.09.02

LINEトラベルjp 旅行ガイド

1996年に放送を開始し、地方番組ながらも口コミやネットで広まり、今や全国区で絶大な人気を誇る北海道テレビのバライティ番組「水曜どうでしょう」。
国内、海外を巡る旅行企画がメインで、そのロケ地となった場所を巡る「聖地巡礼」を行うファンも多いですが、その中でも「どうでしょうが生まれた場所」である「HTB本社」「平岸高台公園」はあまりにも有名です。今回はこれらどうでしょうの聖地をご紹介します。
HTB本社に行こう!
まずは水曜どうでしょうを制作している北海道テレビ(HTB)本社に行ってみましょう!
屋上には…on(オン)ちゃんがいます!これを見るだけでテンションが上がりますね!
onちゃんはHTBのキャラクター。どうでしょうにも度々登場するのですっかりおなじみになっていますよね。
ちなみにonちゃんのプロフィールは…1997年12月1日、パレード星生まれ。
HTBのマスコットキャラクターとして、北海道を中心に大活躍中!
性格は、好奇心いっぱいでとっても前向き。思い立ったらすぐ行動するので、ドジをふむことも。いつもワクワクすることを探していている。大好物はチーズと牛乳で、かなりの食いしん坊。宝物は昆虫図鑑、onちゃんグッズ。
「オンにちは!」など話し言葉に「オン」をたくさん使うのが特徴。
(出典:HTBホームページonちゃんのなかまたち)
その他、onちゃんにはno(ノー)ちゃん、okちゃん(オーケー)ちゃんを始めとするたくさんの仲間たちがいます!入口前の壁に描かれていますのでご覧あれ!
玄関ロビーに行ってみよう♪
正面玄関から入った場所のロビーは、2012年にリニューアルされたそうで、LEDで光るパネルを従えた大きな立体onちゃんがお出迎え。
大きく分けて入って右側がonちゃんコーナー、左側がどうでしょうコーナーとなっています。中央には来館記念スタンプや寄せ書きの―が置かれています。右端には大きなonちゃんのテーブルがある喫茶コーナーも。思い出にここで一休みしても良いですね。
ゆっくり見たい!どうでしょうコーナー
どうでしょうのコーナーには、今までの旅のパネル展示や、グッズの販売があるのですが、何と言っても実際にロケで使用されたグッズが置かれていて、それを見ることが出来るのがたまりません!
筆者が訪問した際に飾られていたのは、2013年最新作「はじめてのアフリカ」の衣装やパネル。脇には「水曜どうでしょう祭 UNITE 2013」で販売された、宮城県鳴子伝統こけし・松田工房さん作の「ひげこけし」の巨大こけしバージョン(こちらは非売品)があり、こちらはお触りも可能。これを持って記念撮影もできちゃいます。
どうでしょうグッズやガチャガチャは自分へのお土産に良いですね。onちゃんグッズも一緒に販売されています。
HTB本社
玄関ロビー
月~金9:30~18:00/土日祝10:30~17:00
喫茶コーナー
月~金10:00~17:00(ラストオーダー16:30)/土日祝11:00~16:30
グッズ販売
月~金10:00~17:00/土日祝11:00~16:30
ゆっくり見たい!どうでしょうコーナー
HTB本社のすぐ横には毎回放送の前枠と後枠の撮影場所になっている平岸高台公園(ひらぎしたかだいこうえん)があります。こちらにも足を運びましょう!
一見、芝生が敷かれて遊具があり、子供たちの笑い声が飛び交う、なんともない公園ですが、どうでしょうファンなら芝生を踏んで「…ここか~!」と思わず声が出ることでしょう。(笑)
番組のように上の方から全力で駆け下りたり滑り下りたりするのは危険なので控えたほうがよさそうです。
おまけ。
最後は札幌ではありませんが、同じ北海道くくりで、旅の際に利用する人も多い新千歳空港から。
実はここの2階国内線出発ロビー近くにある、どうでしょうの大きなロゴ広告に藤村ディレクターと嬉野(うれしの)ディレクターのサインがあるんです!
何故大泉洋さんや鈴井貴之さんのサインではなくディレクターのサイン?と思いますが、このおふたり無くしてどうでしょうのおもしろさは生まれなかったですよね!HTB本社からは少し離れていますが、空港を利用する際や、近くにお出かけの際は足を運んでみてはいかがでしょうか。
終わりに
いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した場所は「知ってる!」「行ったことある!」という人も多い、超有名スポットではありますが、ファンなら1回は行ってみたい場所。是非足を運んでみてください! 

read-more
平岸高台公園
place
北海道札幌市豊平区平岸4条13丁目8
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら