羊蹄山を眺めながら空中散歩♪「ニセコアンヌプリゴンドラ」


2014.07.16

LINEトラベルjp 旅行ガイド

冬は良質の雪を求めて世界中からスキーヤーが訪れる、北海道「ニセコアンヌプリ国際スキー場」。夏~秋の間は、「ニセコアンヌプリゴンドラ」として営業しているのをご存知でしょうか?
蝦夷富士と称される羊蹄山(ようていざん)を正面に捉えながら、標高1000mまで登るとそこには、夏は一面の緑・秋は美しい紅葉広がる絶景が待っています。
そんなニセコアンヌプリへ、ゴンドラに乗って空中散歩におでかけしましょ!
ニセコアンヌプリゴンドラに乗って約10分の空中散歩を楽しもう!
北海道ニセコ町は冬のスキーだけではなく、雪のないシーズンも初心者~上級者まで山を楽しむことができる場所。だけどアウトドアは苦手…でも高いところからニセコの絶景を眺めてみたい!そんな皆様にもぴったりの場所があります!!
それは「ニセコアンヌプリゴンドラ」。ゴンドラに乗って約10分の空中散歩を楽しんだら、そこはもう標高1000mの頂上駅!目の前には、蝦夷富士と称される「羊蹄山(ようていざん=後方後志山しりべしやま・ こうほうようていざん)」が聳え立ち、ニセコの町並みを見渡せます!
また、山麓駅にはドックランもあり、ワンちゃんと一緒に乗車することも可能。北海道を愛犬と共に旅行している皆様にもオススメ!服装はスカートでも大丈夫ですので、デートにもぴったりです♪ただし、ゴンドラ頂上駅は気温が下がります。夏場でも1枚羽織るものがあると安心でしょう。
※ペットと乗車可能なのは夏季営業のみです。
1000m台地展望台からの大パノラマの絶景!
「ニセコアンヌプリゴンドラ」の頂上駅に立つ「1000m台地展望台」。
ここからは、目の前に広がる羊蹄山とニセコの大自然!眼下には町並み・田園風景と、一大パノラマの絶景を楽しむことが!!
空気が澄んでいる日は遠く、洞爺湖(とうやこ)や噴火湾まで見渡すことができます!
ニセコアンヌプリの姿も眺めましょう!
羊蹄山に背中を向けて、スキー場の向こうに立つニセコ火山群の主峰、標高1,308.2mの「ニセコアンヌプリ」の姿も眺めてみましょう。
眺めるだけでは物足りない人は、ここから頂上へ向けて登山を楽しむことも可能です。標高差約300m・距離約1.3kmの、ニセコアンヌプリ登頂最短ルートですので、ファミリーや登山初心者にもオススメ!山道を歩きますので、登山装備で向かってくださいね!虫除けもお忘れなく。
ニセコアンヌプリの姿も眺めましょう!
「ニセコアンヌプリゴンドラ」の頂上駅には、大パノラマを眺めながら、ドリンクやスイーツを楽しむことができるカフェ「Ace Hill」があります。オススメは、牛乳をぎゅ~っと濃縮したようなミルキーな味がお口に広がる、濃厚なソフトクリーム!
テラス席もありますので、夏は心地よい風を楽しみつついただいてみませんか?また、テイクアウトも可能ですので、時間が無い時は帰りのゴンドラに持ち込むこともできます。
「ニセコアンヌプリゴンドラ」は紅葉の季節もオススメ
「ニセコアンヌプリゴンドラ」は、紅葉の季節もオススメ!毎年10月上旬頃、大地が真っ赤に染まる絶景を楽しむことができます。
360度に広がる紅葉の風景は、写真では伝えきれないくらい美しいです。是非秋のニセコにも足を運んでみませんか?
「ニセコアンヌプリゴンドラ」までのアクセス
最後に「ニセコアンヌプリゴンドラ」までのアクセスをご案内。
JRニセコ駅から路線バス「ニセコバス」昆布温泉行きに乗り約12分「アンヌプリスキー場」下車。タクシー利用の場合は約10分です。
お車の場合も、200台の無料駐車場完備ですので安心です。
また、「ニセコひらふ温泉」からゴンドラ山麓駅までは、歩いて行ける距離にあります。
夏は緑の大地、秋は真っ赤な大地を「ニセコアンヌプリゴンドラ」の空中散歩で眺めましょう!また、冬は世界一とも言われるパウダースノーで、ウインタースポーツを楽しむことができます。
是非、ニセコに遊びに来てください!絶景田園で育った農産物も美味しいですよ♪
※営業日は毎年7月中旬~10月中旬までです。詳しくは記事一番下のMEMOのリンクから「アンヌプリゴンドラ - ニセコアンヌプリ国際スキー場(夏季)」HPをご参照ください。 

ニセコアンヌプリゴンドラ 1000m台地展望広場
place
北海道虻田郡ニセコ町ニセコ485 (ニセコアンヌプリ国際スキー場)
phone
0136582080
opening-hour
9:00-16:00(最終16:30)※開催…

この記事を含むまとめ記事はこちら