富士山麓「PICA Fujiyama」のアメージングドームで極上のキャンプを


2021.02.02

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2018年、山梨県の富士山麓にオープンしたラグジュアリー・キャンプリゾート「PICA Fujiyama(ピカ フジヤマ)」。11のキャンプサイトの他に26棟のコテージ、13の常設ドームテントがあり、富士山の雄大な姿を眺めながら極上キャンプが楽しめます。中でもPICAオリジナルのドーム型常設テント「アメージング・ドーム」がお勧め。初心者でも自然との一体感を楽しみながら至極のキャンプが楽しめます。
快適でおしゃれなラグジュアリー・キャンプサイト
富士山麓を中心に快適なキャンプサイトを運営しているPICA(ピカ)の10施設目として2018年7月にオープンした「PICA Fujiyama(ピカ フジヤマ)」。山梨県の河口湖町にあり、富士山をはじめとする自然美に恵まれた場所にあります。
まずこちらの施設に到着したら立ち寄るのが、フロントを兼ねているセンターハウス。天井が高く、中心に大きな暖炉を備えたロビーラウンジ、自然と調和しながらもキャンプ場とは思えないおしゃれな雰囲気の建物に、まず驚くことでしょう。
この建物内には、本格的なピザ釜のあるレストランも併設されており、キャンプを楽しみながら、食事はこちらのレストランでいただくことも可能です。自身でBBQなどで楽しむ!と言う方にも、食材付きプランの選択肢も用意されており、薪や軍手、必要な調理器具やカトラリーまでセットになった、身軽に快適にキャンプを楽しめる嬉しいサービスです。自身のスタイルに合わせてチョイスしてみてください。
宿泊はテント、コテージ、ドームの3種類があり、いずれも自然の中で、快適に心地良く過ごせる嬉しい設備が整っています。
テントサイトには、持参のテントを設置するスペースの隣に、木製テーブルと椅子、BBQグリルが配置された広い屋根付きプライベート・ウッドデッキが設置されています。お風呂・トイレ付きのコテージは、開放的で優雅なラグジュアリータイプからトレラータイプのコテージにまであり、トレーラータイプにも、広いウッドデッキとオリジナルの床暖房が付いているという、冬でも嬉しいつくりです。
正に驚きのドームキャンプ
そして中でもお勧めなのは、ドーム型の常設テント「アメージング・ドーム」。8m角の広さのウッドデッキの上に建てられた半ドーム型のテント。テントといっても、室内にはローベッド2台、冷暖房、冷蔵庫、電気ケトル、フェイスタオル、歯磨きセット、電気照明…とホテル並のアメニティー。そしてドーム内の片側についているカーテンを開けると、透明シートに早変わり。室内で寛ぎながらも、自然の緑や空との一体感を堪能出来る仕組みです。
ドーム脇には、ハンモックや、シェード付きの焚き火やBBQを楽しむプライベートエリアも併設されている充実ぶり。
食材付きのプランでしたら、カット済みのお野菜・お肉を受け取って、ゆっくりと炭火グリルを楽しみ、BBQの後はコーヒーと焼きマシュマロで一服…。冬は焚き火をしながら、ロマンチックに夜空を眺める…。自然の中での至極の癒しのひとときが待っています。
ドームの中に水回りがありませんが、綺麗で広々とした共同利用のシャワールームと炊事場が用意されているのでご心配なく。石鹸や洗剤、シャンプーやリンス類も無料で貸し出しています。
また、センタールームには雑貨をはじめ、薪や調味料、ドリンクやお菓子、お土産などを扱う売店もあるので何かと便利です。
ドームキャンプのお楽しみ
プライベートバスの無いアメージングドームですが、是非ここで体験したいのが、本場フィンランドスタイルの入浴が愉しめるキャンプサウナ。薪とサウナストーンを利用したトレーラー型の貸切サウナで、ドーム宿泊とセットになったプランもありますが、追加料金での利用も可能です。
アメージングドーム宿泊のお楽しみは、景色も大きなお楽しみの1つ。朝の清々しい景色も外せませんが、何と言っても夜が素敵。天気の良い日はドームの透明窓から満点の星を眺める…。そして、各ドームが黄色の明かりに照らし出される風景は自然の中に現れた近未来的で、何とも幻想的な雰囲気です。 

read-more
PICA Fujiyama
place
山梨県南都留郡富士河口湖町船津6662-10
phone
0555304580
すべて表示arrow

【部屋食】贅沢なアウトドア体験グランピング!1棟貸切コテージでBBQを楽しもう!1泊2食付き

¥14,000

arrow icon

2021/06/28 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/06/14

この記事を含むまとめ記事はこちら