二丈渓谷は糸島観光の穴場!加茂ゆらりんこ橋~明神の滝をめぐろう


2020.11.20

LINEトラベルjp 旅行ガイド

今や福岡観光の定番、ブランド観光地とさえ言える“糸島”。おしゃれなカフェやビーチリゾートのイメージが強いですが、山が海にせり出した独特の地形で、森の大自然にも恵まれた地です。
「二丈渓谷」は、糸島の豊かな自然が手軽に楽しめる穴場の観光地の一つ。今回は「加茂ゆらりんこ橋」から「明神の滝」までハイキングで楽しむコースをご紹介。インスタ映えだけじゃない糸島の魅力が、きっと発見できますよ!
いざ二丈渓谷へ!まずは「加茂ゆらりんこ橋」を渡ろう
ハイキングの始まりは「加茂ゆらりんこ橋」。加茂川上流にかかる1本のワイヤーで吊られた長さ100メートル、高さ20メートル、幅1.2メートルのつり橋です。近年は記念撮影スポットとしても密かに人気を集めています。
つり橋を少し横方向から眺めてみると、その長さを実感。凄く揺れそうですが、剛強な鉄骨の橋なので揺れは僅か。高所恐怖症の方でも安心して渡れますよ!
つり橋を渡りきると、二丈渓谷遊歩道入口へ到着。舗装されていない道でアップダウンも多いので、履き慣れた靴で行った方が良いでしょう。
遊歩道を上りながら糸島の大自然を満喫しよう!
明神の滝へ行くには、一本道の遊歩道をまっすぐ上りましょう。途中、上の写真のような看板がありますが、これも二丈岳方面へまっすぐ進んでください。
道中は小さな滝がいくつかあります。休憩をはさみながら、糸島の大自然を満喫しましょう!
明神の滝には、案内看板がありません。道中、上写真にある奇岩があります。ココが目印。この奇岩から徒歩1分程度で明神の滝へ到着。遊歩道の右側に滝が見えてきます。
糸島の秘境「明神の滝」は穴場の観光地!
「明神の滝」は落差は少ないものの、三段階に流れ落ちる美しい滝。歩いてしか行けず、まさに“糸島の秘境”、“穴場の観光地”ともいえるでしょう。また滝の周囲はモミジが自生し、新緑シーズンをはじめ、秋の紅葉シーズンもおすすめです。
<明神の滝の基本情報>
アクセス:加茂ゆらりんこ橋から約2km。徒歩約50分。
紅葉の見頃時期:例年11月中旬~下旬
※無料で鑑賞できますが、道中は街灯が一切ないので、明るい時間に行きましょう。
二丈渓谷へのアクセスは?
二丈渓谷へのアクセスは、近くにバス停など無く、車がおすすめ。最寄りのインターは、福岡市方面からなら福岡前原道路の前原ICです。しかしインターを降りて、そのまま真っすぐ走ると今宿バイパス(旧有料道路)に入り、途中下車できずに通り過ぎてしまいます。
そこでインターを降りて、海沿いの国道202号線へ行きましょう。すると上写真のような三差路がありますので、そこを左折(佐賀県唐津市方面からなら右折)します。
一本道をまっすぐ上ると、上写真にある広い駐車場が左手に見えます。ここが、二丈渓谷の入口である加茂ゆらりんこ橋の駐車場。また、駐車場には公衆トイレも併設。遊歩道にはトイレは一切ないので、用は事前に済ませたほうが良いでしょう。
なお、各写真右下の「地図を見る」をタップすると撮影場所の地図が表示されます。現地へ行く際には是非参考にされてください。 

read-more
加茂ゆらりんこ橋
place
福岡県糸島市二丈福井
phone
0923266334

この記事を含むまとめ記事はこちら