街中の秘密基地!ツリーハウスがあるカフェ・千葉「椿森コムナ」


2020.11.25

LINEトラベルjp 旅行ガイド

千葉都市モノレール「千葉公園駅」から徒歩約3分、住宅地に突如現れる秘密基地のような「椿森コムナ」。ツリーハウスやエアストリームのカフェがあり、直前までいた人工的な景色を一掃するような非日常的空間がそこにあります。日替わりで飲食店が出店したり、イベントが開催されるので、訪れる度に違う楽しみ方がある場所。電車で行ける小さな森には、大人と子供の興奮とリラックスが詰まっています。
シンボルは2つのツリーハウス
モノレールが停車する千葉公園駅から徒歩約3分、もしくはJR千葉駅から徒歩約9分、歩道沿いに現れる木々に覆われた階段。こちらが椿森コムナへの入り口になります。
椿森コムナは外側から眺めてもその全貌がはっきりわかりません。ちょっと謎めいたところにも好奇心を掻き立てられます。早速この階段を上っていくと…
そこには見事な2棟のツリーハウスが!立派な樹木にしっかり馴染んで建てられたツリーハウスを目の前に、気分は一気に物語の世界へ引き込まれてしまいます。大人は童心に、子供は目の奥がギラリと輝くような瞬間。
ツリーハウスに圧倒されつつも、その周辺をよく見るとツリーハウスがあるこの空間自体の魅力にも気づき始めることに。枝に覆われた空、廃材を利用した個性豊かなイスやテーブル、足裏に優しい地面の木材チップ…広くはない空間ですが、先程までいたコンクリートの世界とは全く違う、肩の力がすーっと抜けるような空気が流れています。
実際にツリーハウスに上ってみよう!
ツリーハウスは遊具なので、自由に出入りが可能。小学生以下の子供も大人と一緒なら上ることができます。階段が少々急なので、手に何も持たずに上ると良いでしょう。
まずは踊り場のような2階で小休止。そこからでも椿森コムナ全体を見下ろすことができ、別の景色を楽しめます。
さらに頂上まで上ると、可愛らしい小屋に到着。まさに秘密の隠れ家と言ったサイズ感がたまりません。目線がかなり高くなり、ちょうど目の前にはモノレールの線路が。タイミングが合えば枝の間からモノレールが通過するところを見ることができます。
2つのツリーハウスは造りが異なっているので、ぜひ両方とも登頂して違いを堪能してみてください。
好きな席で絶品ハンバーガーを
椿森コムナで常設している「Cafe bambi」。銀色に輝くビンテージのエアストリームでオーダーから調理までをこなしているユニークなお店です。メニューはタコライスなどのボリューミーなものから、手軽に食べられるフレンチフライ、そして子供向けのキッズボックスランチなどが。
なかでもおすすめはジューシーなハンバーグが2枚もサンドされたダブルチーズバーガー。このハンバーグ1枚だけでも立派なメニューになります!というような肉厚なパテをふんだんに使った贅沢な一品です。
ソフトドリンクはもちろん、アルコール類も充実しており、ハンバーガーにビールという最高の組み合わせも実現可能。木々に囲まれたオープンエアな場所で食べると、味も気分も格別です。
その他、1日1組限定でBBQを予約することもできます。また期間限定で飲食店が出店することも。常設のCafe bambiのメニューにプラスして、その都度ここで出会えるメニューも楽しんでみてはいかがでしょう?
ところで椿森コムナって、いったい何者?
椿森コムナは千葉県の不動産ディベロッパーである企業・拓匠開発がプロデュースしたコミュニティスペース。この場所に以前から植わってある樹木を活かしたまま、建築現場に残った廃材などをプラスし、人々が集える場所に再生しています。それゆえ人工的すぎず、整いすぎず、自然に程よく調和した居心地のいいこの空間に。2016年にグッドデザイン賞も受賞しています。
郊外ではなくても、日々の営みの合間にふらっと来れるような小さな森を作ることが可能なんだと実証してくれる貴重な場所。ここを訪れると「自宅や職場の近くにもこのようなスペースがあったら…」と、その妄想だけでもしばらく楽しめちゃいます。
農の市など魅力的なイベントもいっぱい!
食品や雑貨などいろんなお店が集まる「農の市」やワークショップなどが行われているので、そういったイベントを狙って訪れるとここでの時間がさらに濃厚なものに。フェイスブックを丁寧に更新されているので、ぜひ覗いてみてください。
椿森コムナの道路を挟んだ向かい側には大賀ハスで有名な千葉公園があります。また千葉駅前は百貨店や駅ビルなど商業施設が充実。椿森コムナでのランチやティータイムとともに、ぜひ千葉駅周辺を散策してみてはいかがでしょう? 

read-more
椿森コムナ
place
千葉県千葉市中央区椿森1-21-23
opening-hour
7:00-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら