「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」は知識欲を刺激する大人の隠れ家リゾート


2020.10.26

LINEトラベルjp 旅行ガイド

沖縄本島中部、恩納村の森に佇む「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」。喧騒とかけ離れた非日常が満喫できる、ステイゲストだけのプライベートリゾートです。全室が52平米以上のラグジュアリースタイル。全てのゲストがクラブサービスを利用できるのも、存分に寛げるポイント。
敷地内の自家菜園や亜熱帯の森、伝統文化など、海だけで終わらない沖縄の豊かな魅力に触れたい、そんな大人の知識欲を刺激する滞在が楽しめます。
森の中の隠れ家「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」
海沿いに沢山のリゾートホテルが立ち並ぶ賑やかな恩納村ですが、「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」は国道から少し山側に入った静かな森の中に佇み、敷地内すべてがステイゲストのための占有空間という隠れ家のような特別感が魅力です。プールやダイニング、ライブラリーラウンジ&バーなど宿泊を除く施設利用が16歳以上という年齢制限もあるためか、とても落ち着いた雰囲気。旅慣れた大人が静かに羽を休めに訪れる、リピーターの多いリゾートホテルです。
チェックイン手続きはテラスと一体となった開放的なロビーで、屋外プールとその奥に広がる森と海を眺めながら。日常から非日常へ切り替わるドラマチックな瞬間です。
ステイゲストのみが利用できるパブリックスペースはレセプションハウスに集約され、ゲストルームは森の静けさを感じる宿泊タワーとフォレストヴィラに配置されています。
プールに面したライブラリーラウンジ&バーは、自然光たっぷりの明るい空間。7時から19時まではクラブサービスが利用でき、ティータイム(14時~16時)には焼き菓子やフルーツ、カクテルタイム(17時~19時)にはアルコールとオードブルが提供されます。
インドアプログラムも要チェック。毎週火曜日の15時からはホテルシェフが家庭でも手軽に作れる調理方法をアドバイスする“シェフズクラス”、日曜日の14時半からは沖縄独自の茶道の“ブクブクー茶”の体験が楽しめます。
ブクブクー茶は、抹茶の道具よりもはるかに大きなブクブクー茶専用の道具を使って泡をたてて、その泡をみんなで分け合って味わうもの。琉球王朝時代から第二次大戦前まで那覇を中心に親しまれてきた、沖縄ならではの和気あいあいとした楽しいお茶です。ホテルに居ながらにして沖縄の文化にも触れられる機会は嬉しいですね。
自然豊かな森と海を感じる滞在
それぞれのゲストルームは恩納村の美しい自然を感じられるよう配置されています。2つの宿泊タワーの1階に位置する「プレミアガーデン」は76~83平米の広さで、木漏れ日が美しい芝生の庭付きタイプ。まるで自分の別荘で過ごしているかのような居心地の良さで、長期のバカンスやワーケーションにもぴったり。
タワー棟の上層階のゲストルームでは、海や森の眺めが楽しめます。手つかずの森からは夜になるとリュウキュウコノハズクというフクロウの鳴き声や、明け方にはアカショウビンという美しい赤い鳥の鳴き声が近くで聞こえることも。
使い勝手に差が出る水回りは、女性が使いやすいダブルベーシンで朝の身支度もストレスフリーです。アメニティはタラソテラピーの世界的ブランドのタルゴ。泡立ちが良く華やかな香りは、バスタイムを贅沢な時間にしてくれます。スキンケアもタルゴで、お肌に乗せるととろみがあってしっとりと潤う贅沢な使用感です。
テラスから見える美しいビーチに送迎してもらうこともできます。ホテルから車で約5分。木々が生い茂るトンネルを抜けた先にはエメラルドグリーンの海と白砂が広がる秘密のビーチがあります。ホテルが用意したカバナもあり、まるでプライベートビーチのような雰囲気。静かなビーチですが、ホテルが運営するビーチクラブが隣接していて、オンシーズンには軽食やドリンクを購入することもできます。
「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」に広がるアッタの森を楽しむ
タワー棟の横には亜熱帯の森に繋がる小道があり、谷を抜けると緑が眩しいザ・ガーデンが広がります。緑のツタ(ヒスイカズラ)に覆われた東屋には書籍の用意もあり、森を通り抜ける心地のいい風を感じながら、都会にはない贅沢な時間を過ごすことができます。
ザ・ガーデンの一角には、沖縄の県蝶で日本最大級の蝶「オオゴマダラ」を飼育する小屋があります。透き通るように薄い羽と、ふわふわと軽やかに舞う姿が美しい優雅な蝶です。幼虫やサナギの姿は想像を超えた興味深い姿をしていますので、ぜひ小屋で探して確かめてみてくださいね。
自家菜園にはさまざまな島野菜やハーブが無農薬で育てられていて、レストランやラウンジのお料理や飲み物に使われています。無料のガーデンセミナーでは、四角豆(うりずん豆)や長命草、パパイヤ、ローゼルなどが実っている様子を見学しながら、専任のガーデナーによる説明も受けられます。普段の生活ではなかなか見かけることのない、沖縄ならではの畑の恵みを知ることのできる絶好の機会です。
「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」はこのような大人の知識欲を満たす無料のプログラムが充実。火曜日はシェフズ クラス、水曜日はアッタの森ツアー、土曜日はガーデンセミナー、日曜日はブクブクー茶。お目当てのプログラムに合わせて連泊してみてはいかがでしょうか。
五感で楽しむディナータイム
夕食は暮れてゆく空の表情を眺めながら、プールに面したファインダイニングで。フレンチ・イタリアン・沖縄料理とのフュージョン料理「sima キュイジーヌ」で、大人の美食を思う存分味わいましょう。
写真は見た目も美しい季節のマリネ。近海で獲れたガーラ(ロウニンアジ)やアッタの自家菜園で採れたローゼルやミントがお皿を彩り、沖縄の森と海の恵みを身近に感じられる内容です。
季節のコース料理は、アミューズに始まり、前菜、パスタ、お魚、お肉、食後のデザートと、見た目の美しさもさることながら、美食三昧の舌の肥えた大人も大満足のクオリティ。ぜひソムリエがセレクトしたワインと一緒にどうぞ。パンに添えられたオリーブオイル、食後のコーヒーにまでこだわりが感じられる内容です。
週末のプールサイドでは夕暮れ時からギターやアコーディオン、サックスなどの生演奏が行われます。観客はステイゲストだけという贅沢極まりないコンサート。ディナータイムを豊かにしてくれるとっておきのエッセンスです。
自分の身体と向き合う2日目の朝
翌朝は、風を感じながらザ・ガーデンの東屋のテラスでヨガにチャレンジ。毎朝無料で開催されていますので、ぜひ参加してみてください。初心者は呼吸や姿勢にも戸惑いますが、インストラクターの教え方が具体的でわかりやすく、自然に美しい立ち姿が可能に。旅を終えてからでも普段の生活に活かせる立ち方を覚えて帰りましょう。
軽く身体を動かした後は、ファインダイニングのテラスで朝食。県産の平飼い卵を使って好みの卵料理を作ってもらいましょう。写真は小エビとアボカドのオリジナルエッグベネディクトと、スモークハムのエッグベネディクトの2種がセットになった“アッタ エッグベネディクト”のプレート。新鮮なサラダやフルーツ、ジュースなどは、ブッフェテーブルから自由にいただくスタイルです。
リゾートではスパも楽しみのひとつ。森と水のやすらぎに包まれたクラブ・スパは、癒しの空間と技術力の高いトリートメントが人気です。せっかくならオリジナルの「しまリラクゼーション」がおすすめ。色鮮やかな南国の花が浮かぶバスタブに身体を沈め温まったら、続いては沖縄本島南部で採取されたクチャ(天然泥)を用いた「クレイラップ」でお肌のケアを。お肌がワントーン明るく滑らかになります。その場で目に見える効果は嬉しいですね。お肌の悩みに合わせて「クレイラップ」、「シークヮーサー・アロエラップ」、「しままーす・ハーブスクラブ」から1つ選べます。ボディケアの後は、オリジナルアロマオイルで心身の緊張を和らげる心地よいトリートメントで究極のリラックスタイムが過ごせます。 

read-more
ジ・アッタテラス クラブタワーズ
rating

4.5

288件の口コミ
place
沖縄県国頭郡恩納村安富祖1079
phone
0989833333

この記事を含むまとめ記事はこちら