非日常へ誘う三重県の極上リゾート「アマネム」で日本文化を再発見!


2021.10.04

トラベルjp 旅行ガイド

三重県の伊勢志摩国立公園内に位置する「アマネム」。豊かな自然と、リアス式海岸で有名な英虞湾の海岸線を見下ろす絶景リゾートホテルとして国内外から注目されているホテルです。
広大な敷地には、日本文化の美しさを感じられる仕掛けが随所に感じられ、新感覚の和風リゾートホテルの体験が楽しめます。
そもそも、アマネムってどんなホテル!?
東南アジアや欧米を中心にラグジュアリーリゾートを展開するアマンが手掛けた、日本国内で2軒目に開業した「アマネム」。
中でも、アマネムはアマンで初めての温泉を有するリゾートとして知られてもおり、日本らしさを存分に体感できるリゾートホテルとしてオープン当初から人気を集めています。
また、アマネムの最大の魅力は「その土地の伝統文化や歴史、環境やライフスタイル」を実際に体験をして理解する事ができる点。エクスペリエンスと呼ばれる独自のアクティビティが数多く用意されています。
例えば、近隣の観光地である「伊勢神宮」や「海女小屋」などの名所巡りでは、ただ観光をするのではなく、実際に海女さんと海に潜ったり、真珠養殖場やあおさ養殖場を見学するなど、一歩踏み込んだ体験が盛り沢山!
実際に地元の人々と触れ合い、語り合う機会が生まれる事でより深くその土地を知り、非日常体験が楽しめます。
日本建築美を感じる、贅沢すぎる広々とした客室!
アマネムの建築は、スタイリッシュで現代的な雰囲気の中にも「日本」の美しさが際立つ新しいスタイル。オーストラリアの有名建築家ケリー・ヒル氏率いたケリー・ヒル アーキテクツによって手がけられ、伝統的な日本家屋の懐かしさが漂う「平屋造り」の落ち着いた客室です。
客室は、24室のスイートと4棟のヴィラから成っており、それぞれ異なった眺望や空間が楽しめます。
どの客室も共通して、屋根瓦や炭色の外壁、室内には白木をふんだんに利用しており、温かみのある日本の古き良き伝統的な民家建築を思い出させてくれます。
モダンで洗練された客室内の大きな窓からは、豊かな緑や英虞湾を望む絶景を楽しむ事ができます。
そして、どの客室にも天然温泉が引かれているのが最大の魅力。スイートタイプの客室でも99平米の広々として設計ですが、ナギヴィラ、ソラヴィラ、モリヴィラ、ツキヴィラのそれぞれのヴィラタイプは何と366平米以上の広さを誇り、まるで自宅で寛ぐような感覚で、滞在が楽しめる贅沢な客室です。
おしゃれすぎる「温泉プール」は、アマネムの目玉!
他のアマンリゾートにはない魅力が、アマネムの特徴でもある温泉施設「アマン・スパ」。
アマネムに滞在する多くの人が楽しみにしている施設ではないでしょうか?
なんと約2000平米ものスパエリアを有し、水着で入浴が楽しめる屋外温浴施設「サーマル・スプリング」は、特に人気のスポットです。
デイベッドが並ぶおしゃれな空間は、まるで海外リゾートに遊びに来たような感覚!ミネラル分豊富な天然温泉を利用しており、温度の異なる温泉の温冷浴で代謝を促してくれるので、1日中のんびりと温泉を楽しむのもおすすめです。
その他にも、ヨガやトリートメント、フィットネス センターなどさまざまなプログラムが用意されています。
海外リゾートのような雰囲気の中、日本の伝統的な温泉が楽しめるのは、アマネムならではの魅力です。
極上の「素材」で楽しむアマネムのお食事!
旅先での楽しみの1つが、現地でしか味わえない新鮮な食材や、旬の材料を使ったお食事ですよね。アマネムがあるエリアは、かつて「御食つ国」と呼ばれ、皇室に食材を提供していた地域です。
「自然の恵み」を存分に楽しめる昔ながらの食文化を反映し、新鮮な魚介類や最高級の松阪牛など、最良の素材を使う食事内容となっています。
ダイニングレストランからは、英虞湾と緑豊かな木々を見渡すことができ、大きなガラス張りの窓と開放的な天井が特徴です。
アマネムでの滞在は、「1泊朝食付き」か「1泊2食付き」か予約時にチョイスが可能。朝食のみを選んだ場合でももちろん、当日ダイニングにて夕食を食べる事もできます。
三重県の恵みを沢山含んだコース料理やアラカルトの日本料理が楽しめます。
朝食メニューは、「和箱朝食」と「アメリカンブレックファスト」、「コンチネンタルブレックファスト」があり、こちらも気分に合わせてチョイスが可能です。
沈みゆく夕日と共にムーディーな大人な雰囲気が楽しめる夜と、爽やかな風や鳥のさえずりが聞こえてきそうな明るい雰囲気の朝。夕食も朝食も同じダイニング会場ですが、時間帯により雰囲気も異なるため、どちらの時間帯でも贅沢なひとときが過ごせます。
おしゃれすぎるサンクンテラスと人気のインフィニティプール!
レストラン棟にある「サンクンテラス」は、アマネムの中でもゆったりと時間が流れる寛ぎのエリア。海外リゾートのような雰囲気と、日本の伝統「掘りごたつ」が一体化したような趣があり、なんともリラックスできる空間です。
テラスでは、ウェルカムドリンクを始め、午後3時から5時までアフタヌーンティーサービスなどもあります。
日中は英虞湾の絶景、夕刻はサンセットで少しずつ色が変わっていく広い空、夜は満点の星空を堪能。リゾートホテルにいる事を忘れて、まるで大自然の森の中にいるような自然と一体になった気分が味わえます。
テラスの横には、英虞湾を望む全長33mのインフィニティプールも。水温は常に約30度に保たれているため、季節を問わず快適に楽しめます。
デイベッドがずらりと並ぶプールサイドでは、英虞湾のオーシャンビューを眺めながら、アペタイザーや季節のカクテルなどのドリンクをいただきながらのんびりと過ごす事ができますよ。 

read-more
アマネム
rating

4.5

137件の口コミ
place
三重県志摩市浜島町迫子2165
phone
0599525000
すべて表示arrow
no image

Mori Suite

¥59,636

arrow icon

2021/12/23 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/12/09

この記事を含むまとめ記事はこちら