日本初上陸!「エースホテル京都」が烏丸御池にオープン


2020.06.14

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2020年6月11日、京都・烏丸御池に「エースホテル京都」がプレオープンしました。
トレンド感度が高く絶大な人気を誇るエースホテルの日本・アジアへ初進出、そして建築デザインは隈研吾氏の監修とくれば、ホテル好きならずとも気になるところ。アートがいっぱいの客室はもちろん、コーヒーショップやレストランなどエースホテル京都にしかない魅力をご紹介します。
日本と西洋の文化が融合!アートにふれる客室
「エースホテル京都」は歴史的建築物(1926年竣工の旧京都中央電話局)の再開発プロジェクト「新風館」の中に位置しており、京都市営地下鉄・烏丸御池駅直結とアクセス抜群。京都を観光するのに便利な場所にあるのが嬉しいですよね。
客室は西洋と日本の芸術がコラボレーションしたスタイルで、カスタムアートがいたるところに取り入れられています。「美的哲学、アイデアと伝統」がバランスよく融合された、新感覚の空間を楽しめますよ。
30~40平米のスタンダードなタイプのお部屋のほか、和洋折衷の雰囲気が楽しめるスイート、歴史的建築のデザインを生かした出窓が魅力的なエーススイート、ホテル内で一番大きな90平米のロフトスイートなど旅行スタイルに合わせて客室が選べます。
宿泊者以外も利用可能!日本初出店のコーヒーショップ、レストラン
ホテルロビー1階には日本初出店のコーヒーショップ店「Stumptown Coffee Roasters (スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)」が併設されています。さまざまな種類のコーヒーメニュー、ドーナツやクッキーなどのフードメニューがなんと朝7:00から楽しめるんです。またタンブラーやトートバッグ、マグカップなどのオリジナル商品も販売。ショップ内もアートであふれているので、作品を眺めながらゆったりとした時間を過ごしてみては?
隈研吾氏デザインのバー&タコスラウンジ「PIOPIKO(ピオピコ)」は、天井の高い開放的な空間でオリジナルのメキシコ料理を楽しめます。また、ルーフトップバーを備えたアメリカ風のイタリア料理がいただけるレストランも。
メニューに使われている食材は、シェフ達が日本を訪れた際に自ら市場に足を運んで厳選したもの。京都や近隣県産の食材のシンプルなおいしさを活かした、エースホテル京都でしか味わえないメニューを楽しんでくださいね。 

ACE HOTEL KYOTO(エースホテルキョウト)
place
京都府京都市中京区姉小路通東洞院西入車屋町245-2
phone
05017053380
opening-hour
[平日]10:00-19:00[土日]10:00…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら