心も体も美しく!GOOD NATURE HOTEL KYOTOの“美”滞在の秘密


2020.02.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

おしゃれな空間美に加え、宿泊者同士や地元の人と交流できるラウンジ等が魅力のライフスタイルホテル。京都中心地にある「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」は、新感覚のライフスタイルホテル滞在ができます。植物のような見た目の美しいハーブドリンク、眠っている間に心も体も美しくなれるヘッドスパ、開放的な空間で行うヨガ、デザイン性の高い客室など、美しくなれる宿泊スタイルは十人十色!
4Fロビーラウンジの美空間でヨガ&美ドリンク
GOOD NATURE HOTEL KYOTOは、地元京都の野菜や果物を販売するだけでなく、作り手が見える食品を揃えるマーケットやイタリアで活躍する人気シェフがメニューを監修するレストラン、植物本来の力を凝縮したオリジナルコスメ、ヘッドスパの第一人者の“手”を体感できるビューティーサロンなどが入るGOOD NATURE STATIONの一部。ホテルに滞在するだけで、随所にGOOD NATUREを感じられる新感覚のホテルステイが叶います。
ホテルのフロントがある4Fのエレベーターの扉が開くと木と緑のぬくもりを感じられる開放的な空間がお出迎え。右には京都らしい枯山水の庭園、左には、ウッドデッキと緑に囲まれた自然光が降り注ぐ中庭が広がります。
4Fには、ヴィーガン(肉のほか、卵や牛乳も不使用)メニューやハーブを使ったデトックスドリンクなど、植物本来の味を存分に味わえるレストラン「Hyssop(ヒソップ)」があります。
一押しはレモンアップルミントなどを美しく盛り付けしたグリーン・ヒソップ。ハーブの爽やかな香りとすっきりとしたのど越しは一度飲んだら忘れられない斬新さ。レストラン内のほか、外の中庭(最初の写真)でもいただけます。
春~秋の気候がいい時期には、坪庭でヨガも体験できます。京都らしい雰囲気で心も体も解き放てばリフレッシュできるはず。
※日曜日の7:00~8:00限定
※冬は館内でのヨガになります
祇園祭が部屋から!木のぬくもり感じる癒しの客室
ライフスタイルホテルといえば、デザイン性の高い客室が魅力の一つ。GOOD NATURE HOTEL KYOTOの客室は、天然木を基調とした内装とほっと一息つける温かみのある照明で、いるだけでくつろげる空間になっています。
一番リーズナブルなスーペリアツインでも28平米~とゆったりの設計。仕切りを排除した洗面台は使い勝手抜群!
「京都の祇園祭が見てみたい、でも、うだるような暑さと人混みが苦手」と躊躇している人に朗報です。河原町通りに面した角部屋「河原町テラススイート」のテラスから祇園祭が見られるんです!
広々としたテラスには、テーブルとイス、ゆったりと座れるソファーがスタンバイ。ビールやワインを傾けながら優雅に祇園祭を楽しめます。じわっと汗をかいたら、テラスに面したバスタブに体を預け、リラックスタイム!なんて使い方も。
これぞライフスタイルホテルの最上級版と言っても過言ではないグッドネイチャースイートは、そこかしこにおしゃれアイテムがちりばめられています。
ベッドの壁面には手書きの桜、部屋を彩る丸い照明、海外のリゾート地にいるかのようなテラスに面したバスタブなどこだわりが盛りだくさん。スイートルームですが、外資系ホテルに比べるとリーズナブルな価格設定に驚くはず!
癒しのバスアメニティー&魅惑のウェルカムスイーツ
部屋には、ウェルカムスイーツとドリンクがスタンバイ。ひし形のボンボンショコラは、1階のパティスリー&チョコレート「RAU」のスイーツ。RAUのチョコレートは、カカオ豆からチョコレートができるまですべて手作業で行うビーントゥバーを採用し、カカオの旨みを極限まで引き出します。口の中でとろっとろにとろける口どけをお楽しみください。
チョコレートのお供には、ホテルオリジナルフードブランド「SIZEN TO OZEN」のカカオ煎茶がおすすめ。RAUのチョコレートを作る工程で出るカカオ豆の殻(ハスク)部分をリサイクルしたアイデア茶で、煎茶の味わいなのに、チョコレートの香りがふわりと漂い、甘くないのに甘い感じがする不思議おいしいお茶です。
全室バストイレ別もうれしいポイント。部屋のタイプによってはバスルームの壁面が窓ガラス越しになっていることも。もちろん、ブラインドで隠せます。
オーバーヘッドシャワーも完備されているので、湯舟につからなくても体がぽっかぽっか。
バスアメニティーは、3階にあるGOOD NATURE STATIONオリジナルコスメブランド「NEMOHAMO」のシャンプー、トリートメント、ボディーソープ。植物をまるごと低温真空抽出法でエキス化し、植物本来がもつ、ビタミン、ミネラルをぎゅっと閉じ込めた肌にやさしいアイテムがラインナップ。
洗い心地もさることながら、バスルームに広がる爽やかハーブの香りがスゴイ!体中がハーブに包まれているかのような錯覚を起こすほど。洗いあがりに手櫛で乾かしただけなのに、次の日のサラサラ感も感動ものです。
レストラン「ERUTAN」の美味は朝、昼、夜訪れる
イタリアのミラノで日本人初の一つ星を獲得した徳吉洋二シェフがメニューを監修するレストラン&バー「ERUTAN」は、1階マーケットゾーンの奥にあります。
野菜が軸となるメニューを取り入れたレストランの朝ごはんは、色とりどりの野菜を使ったサラダ、スープ、前菜などが並ぶブッフェ形式。
世界最高峰の生ハムスライサー「ベルケル」でカットした生ハムが食べ放題で、うす~くスライスした生ハムのとろける食感に悶絶!軽やかな後味はクセになりそう。
ランチの目玉は3段のアフタヌーンスタンドならぬ、アンティパストスタンド付きの「ERUTANランチ」。色とりどりのサラダ、一口サイズの前菜、パンと生ハムがセットされています。
さらに、季節のパスタ、手作りドルチェ、ドリンクもついているのにとってもリーズナブル。ランチ時のテーブルにアンティパストスタンドが並ぶのも納得のおいしさと価格です。
マーケットとレストランの間にはイートインスペースがあり、マーケットで購入したものが食べられます。イートインスペースの横には、ワインのテイスティングマシン(有料)があり、並んでいるボトルから好みのワインを選び、自分でグラスに注ぎます。
17時を過ぎると、奥の壁面が開放され、おしゃれなバーカウンターに変身!レストラン「ERUTAN」のバーテンダーがおしゃれな一杯を作ってくれます。京都産のクラフトジンを使用した「河原町ジントニック」はぜひともご賞味を。
眠れる森の美女で「深睡眠」を手に入れる
3階の眠れる森の美女は、ヘッドスパの第一人者、今井愛氏が手掛けるトータルビューティーサロン。プロフェッショナルたちの手で繰り広げられるヘッドスパやアロマオイルマッサージを受ければ、キレイになれること間違いなし。
観光で疲れた体を癒すのはもちろん、寝る前のマッサージは効果抜群。独特のリズムで体の深層部までもみほぐされると、心も体もスイッチオフ!
特におススメはフォーハンド Happinessトリートメント。一人はヘッドスパ、一人はフットマッサージを行う2人のセラピストによる同時施術。今まで体験したことのない夢の世界があなたを待っています。
ヘッドスパの後、たった1回の施術で、顔がすっきりとし、視界もクリアになっていることに驚くはず。ホテルオリジナルフードブランド「SIZEN TO OZEN」のカカオほうじ茶でほっと一息ついてから部屋に戻りましょう。
マッサージのほか、カット、ネイル、メイクレッスンなど、美に関する豊富なメニューが取り揃えられています。 

GOOD NATURE HOTEL KYOTO(グッド ネイチャー ホテル キョウト)
rating

4.5

11件の口コミ
place
京都府京都市下京区河原町通四条下ル2丁目稲荷町318番6
phone
0753526730

この記事を含むまとめ記事はこちら