神奈川「葉山公園」で旧御用邸跡地を満喫!浜風にめげない松も必見


2020.01.22

LINEトラベルjp 旅行ガイド

葉山御用邸に隣接する「葉山公園」は、昭和初期まで御用邸付属の馬場でした。戦後、神奈川県に移管され1957年に開園しました。相模湾が広がる圧倒的なパノラマ、富士山と江の島を眺望できる絶好のスポットは、「葉山」の魅力を十分に堪能できます。園内はクロマツ林に囲まれ、馬場跡地には芝生が広がっています。また、海岸に自生する花々や磯に生息する生き物にも触れることができ、大人から子どもまで楽しめる公園です。
アクセスは複雑?平日の利用がお得
「葉山公園」はかつて、隣接する御用邸の馬場がありました。その後宮内省から神奈川県に払い下げられると、約10年をかけて整備された後、市民に近隣公園として開放されたのです。
公園へのアクセスは、道が非常に狭いのが特徴です。うっかりすると入口を見落としてしまうほどで、車で行かれる場合には事前のチェックが必要です。平日も午前中には駐車場が満車になることがあるため、公共機関を利用するのがお薦めです。
園内に設けられた休憩所には地域のイベント情報や葉山市からの告知が貼り出されています。また、子ども用の遊具が貸し出されているので、「バランスバイク」や「バドミントン」などが楽しめます。貸し出しを希望される場合は隣の管理事務所に声をかけて下さい。
ただし、無料貸し出しは平日限定となっています。また、土日は公園内が混雑するため、遊具を使用した遊びは他の利用者の迷惑にならないよう注意してください。
富士の絶景と貴重な海浜植物に触れる
竹林が生い茂る小径を抜けると、相模湾が視界に飛び込んできます。その前に観ておきたいのが、公園で丁寧に管理されている「海浜植物」の花々たちです。
園内には四季の花々が咲いており、ハマエンドウ・アツバキミガヨラン・イソギクといった珍しい種類の花を観賞することができます。「ハマナス花園」と名付けられたエリアには、5月から7月にかけてハマナスがピンク色の花を咲かせます。
相模湾に面した公園内から望む富士山は「絶景」の一言に尽きます。伊豆半島とその付近の山々・伊豆大島・江の島などを鮮明に観ることができ、早朝や冬のシーズンは空気が澄んでいる為、より美しく景色が映えます。
日中の寒暖差が激しい場合、強烈な浜風が園内に吹き込んでくるので、帽子や荷物を飛ばされないようにしてください。
旧御用邸の境界区域の先は「かながわの景勝50選」に選定された「長者ヶ崎海岸」へと繋がっています。
公園の南端部分は明治期に建設された「御物見台」の跡地があり、海岸に長く伸びた石垣塀は当時馬場から馬が大浜海岸に下りる階段として利用されていました。整然と並ぶ石垣は防壁のようですが、その低さから馬が無理なく移動できるように造られたことが伺えます。
お辞儀する松?強風に耐えた自然美
園内に植えられたクロマツ林は皆、強烈な浜風を受けて斜めに競り上がっています。遮るものがないため、海岸から吹き込む風が直接クロマツに当たってできたものです。
面白いことに園内全てのクロマツが同じ方向に傾いており、まるで利用者にお辞儀をしているようにも見えます。松ヤニ独特の焦げたような匂いも特徴的で、葉山公園のシンボルといって良いでしょう。
旧御用邸時代の馬場は現在、平坦にならされ芝生が綺麗に敷き詰められています。開放的ですが、海風の影響を一番受けてしまうエリアでもあるので、シートを敷いたり、ボール遊びは他の利用者の迷惑になってしまいます。
地元の方々はそのまま地べたに座り、おしゃべりをしたり軽食を取っています。そもそも芝生がやわらかくとても気持ち良いので、自然のクッションの感触を是非実感してみてはいかがでしょうか?
日中は日差しもかなり強いため、昼時は木陰でランチを楽しむ方がほとんどです。特に食事をする際は、樹々に飛来する「とんび」に注意してください!
食べ物を持ち歩いていると襲われる危険性があるので、屋根のある場所や密閉できる容器に入れておくなどして、狙われないようにしましょう。富士山を観ながら時間を過ごせる贅沢なスポットなので、気持ちよく過ごしたいものです。
老若男女が「遊べる」由緒ある公園
平日は通称「トンビ岩」へと地元の釣り人が足を運びます。キスやメジナが釣れ、のんびりとした時間が過ぎていきます。
遠方からわざわざ穴場のポイントとして訪れる釣り人もおり、大人の遊び場として密かな人気エリアとなっています。
子どもたちに人気なのがアスレチック式の滑り台やブランコが設置してある「遊具広場」です。ベビーカーに子どもを乗せたお母さんも多く、クロマツの美しい景観の中でのびのびと遊んでいます。
手前に延びる園路は道幅が広いので、犬の散歩をする人やランニング愛好家が行き交います。道は緩やかに傾斜しており足へ負担がかかります。海岸へ出る際にも足元が砂に取られるので、履き慣れた靴で散策することをお薦めします。 

神奈川県立葉山公園
place
三浦郡葉山町下山口
phone
0456510931
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら