洋風の鍋料理をブッフェで味わう! ウェスティンホテル大阪の冬メニュー


2019.12.18

LINEトラベルjp 旅行ガイド

ウェスティンホテル大阪の1階レストラン「アマデウス」で、6種類の洋風鍋など約30種の料理が味わえるブッフェ『アマデウスマルシェ×HOT POT LOVERS(ホット・ポット・ラバーズ)』が開催されています。寒い冬だからこそ食べたくなる鍋はホテルオリジナルで、パスタやメイン料理、前菜、サラダ、デザートまで料理に定評あるウェスティンホテル大阪こだわりのメニューがランチとディナーで満喫できます。
すべてホテルオリジナル! 話題の発酵鍋やスープカレー鍋
ウェスティンホテル大阪のレストラン「アマデウス」は、大阪・キタのホテルで地元の人々や旅行者、出張パーソンにも人気が高いレストランの1つ。季節ごとに、高級ホテルならではの上質な味が楽しめるブッフェを、毎日実施しています。
2019年-2020年の冬ブッフェ、テーマはずばり「鍋」です。寒い冬だからこそ食べたくなる、身も心も温まるホテルオリジナルの洋風鍋が、ブッフェで存分に味わえます。
ブッフェコーナーの鍋は、6種類。今、世間で話題の「発酵鍋」は、シェフがボルシチから発想したというウェスティンホテル大阪オリジナルで、きのこ類やニンジンなどの野菜が豊富に入り、サワークリームとヨーグルトを使ったスープで煮込んでクリーミーな味わいの鍋です。
そのまま食べても美味しく、また、ビーツのピュレやレモンなどでトッピングして、自分好みの味で食べることもできます。
その他、スープカレー鍋、ムール貝とアサリとチキンローストのマリニエールなどの鍋もあります。スープカレー鍋はカボチャやパプリカなどの野菜たっぷりで、サフランライスにかけて食べるスタイル。ムール貝とアサリとチキンローストのマリニエールも、豪華な食材が贅沢に味わえる鍋です。
コクある味わいが楽しめる定番、ウェスティンホテル大阪特製のポタージュスープもおすすめの一品といえます。
「洋風おでん」がトッピングとソースで55通りの味に!
鍋と合わせて味わえる「洋風おでん」のコーナーもあります。ホテルのブッフェとしては珍しいメニューと言えます。
出汁巻、大根、つくね、牛すじ、厚揚げなど11種類の具材がおでんで味わえます。おでんの出汁は、ブイヨンと昆布だしがベースのホテルオリジナル。自分が食べたい具材をシェフが盛り付けて提供してくれます。
この洋風おでん、「トマトソース」「黒こしょう入りスクランブルエッグ」「キノコクリーム」「アイオリ」「バジルソース」の5種類のソースでトッピングが可能です。11種類の具材と5種類のソースから55通りもの組み合わせが楽しめます。
さすがホテルのブッフェ、だしの味がしっかり付いた具材のおでんで、その味わいも一流。このブッフェ開催直後から、人気のコーナーとなっています。
ブッフェの前菜にも、こだわりのメニューが並んでいます。
流行のアマニオイルを使い、アヒージョを冷製にし、ガーリックトーストに乗せて食べると美味しい「アマニオイルとオリーブオイルの冷製アヒージョ」をはじめ、わかさぎを中華風に仕立てた「わかさぎのエスカベッシュ スタイル オブ チャイナ」、サツマイモをオレンジ味で楽しむ「オレンジ風味のキャンディッド・スイートポテト」など、11種類の前菜が味わえます。
パスタとメイン料理はホテルのこだわりメニュー揃い
ランチブッフェでは「パスタ付き」「パスタ&メインディッシュ付き」、ディナーブッフェでは「パスタ&メインディッシュ付き」「パスタ&スペシャルメインディッシュ付き」から選べます。
パスタは3種類。あっさりピリ辛味の「春菊としめじのペペロンチーニパスタ」、鍋の感覚でパスタが味わる「リゾットとチョリソーのあったかスープパスタ」、そして、濃厚な味わいに贅沢な具材が一緒に楽しめる「サーモンといくらとローストネギのトマトクリームリングイーネ」です。
メインディッシュは、以前から人気の「黒毛和牛のビーフシチュー ターメリックライス添え」がメニューにあって、これが一押しです。
その他、温野菜と一緒に味わう「黒毛和牛と霧島山麓豚のトマト煮込みハンバーグ」、あっさりとした味わいながら真鯛の美味しさが実感できる「真鯛のポアレと冬野菜のアーリオ・オーリオ」をはじめ、「とろとろポークのカツレツ サラダ仕立て ハニーマスタードソース」「スチームチキンと冬野菜をバジルのディップで」「オーストラリア産 牛フィレ肉のステーキ 柚子こしょうソース」から選べます。
どれも、ホテルのレストランならではの素材がふんだんに使われていて、味わい深い逸品ばかり。肉料理と魚料理どちらが好みでも選びやすいラインナップです。
レストラン「アマデウス」名物、サラダマルシェコーナーは、今回のブッフェでも健在。店内中央のライブキッチンに並ぶ約50種類もの野菜とトッピングから、自分好みのオリジナルサラダを作ることができるこのコーナーは「美味しい野菜がたくさん食べられる」と、レストランの利用者にいつも好評です。
トマトやブロッコリー、ニンジン、わかめ、コーン、サツマイモ、ツナそしてハムなどの具材、レタスやホウレン草などの野菜を選んだ後、和風や洋風など希望のドレッシングをシェフに伝えると、目の前で立派なサラダに仕上げてくれます。その後、塩昆布やドライトマト、粉チーズ、あられなど12種類のトッピングを加えて、できあがりです。
スイーツはクリスマスとストロベリーが入れ替わり登場
先に紹介した鍋は、5種類。これに加え、料理としても食後のスイーツとしても味わえる「フルーツ鍋」があります。
いちご、パイナップル、ドラゴンフルーツなどのフルーツがたくさん入って、じっくり煮込んだ鍋。「フルーツは温めて食べても美味しい!」のがまさに実感できる、他の洋風鍋とはまた異なる味わいが楽しめます。
デザートは、ケーキやムース、ゼリーなどを用意。12月25日までは、サンタクロースやトナカイなどがトッピングされたかわいい「クリスマススイーツ」が、クリスマスのディスプレイとともに楽しめます。クリスマスリースをモチーフとした抹茶のパリブレストが、特におすすめ。
12月26日からは、イチゴがメインの「ストロベリーブッフェ」となります。イチゴとパイナップルのレアチーズケーキ、ウィークエンドストロベリーなど甘酸っぱくも贅沢なイチゴスイーツの数々を味わうことができます。
レストラン「アマデウス」は、3階部分まで吹き抜けとなった開放感ある店内で、全面ガラス張りの窓からは緑あふれる新梅田シティ「中自然の森」を眺めることができ、夜は華やかなイルミネーションが楽しめます。
ウェスティンホテル大阪で味わう、まさに「鍋」好きのためのホテルブッフェ。ホテルの宿泊者はもちろん、レストランのみの利用でも人気が高く、大阪・キタという都会にあって自然の雰囲気も堪能しながらじっくり味わえるホテルの人気レストラン。冬ならではのこだわり料理の数々、ぜひ満喫ください。 

アマデウス ウェスティンホテル大阪
place
大阪府大阪市北区大淀中1-1-20 ウェスティンホテル大阪1F
phone
0664401062
opening-hour
朝 6:30 - 10:30(10:30)昼 11…

この記事を含むまとめ記事はこちら