『磐梯吾妻スカイライン』で絶景天空ドライブ&こだわりの地元レアお土産を!


2014.06.19

LINEトラベルjp 旅行ガイド

福島には絶景ドライブを楽しめる観光道路がいくつもありますが、その中で通称『磐梯吾妻スカイライン』は平均標高1350メートルを走り、天空に向かって山岳ドライブが楽しめる事で有名です。ドライブ中、目の前に雲や空が迫ってくる感じは本当に気分爽快!道中の樹海から火山帯特有の荒涼とした絶景への変化は感動もの!しかも無料!
今回はドライブのお土産に、こだわりの地元福島産「桧のコップ」も併せてご紹介します。
まるで青空に向かっているかの様な絶景天空ドライブ!
福島県福島市にある『磐梯吾妻道路』は通称『磐梯吾妻スカイライン』と呼ばれ、「日本の道100選」に選ばれるほど壮大な高所パノラマビューを堪能できる事であまりにも有名な道路です。
以前は有料道路だったのですが、現在は一般道になり恒久的に無料開放されたので、壮大な天空ドライブが気軽に楽しめとてもお得!
冬季休業期間(※)があるので、ゴールデンウィークや夏休みの青空輝く晴れの日に是非、一度はドライブしたい所です!
(※例年11月中旬~4月上旬まで。現在は福島県県北建設事務所 吾妻土湯道路管理所が道路管理を行っているため、詳しい事はTEL:0242-64-3478にお電話下さい)
特に、山頂にぽっかりと火口(カルデラ・お釜)がある『吾妻小富士』の付近は木々も少なく、目の前が開けてまるで青空に向かってドライブしているかのよう。
火山帯特有な山肌の砂礫や、現在も噴煙を上げる「一切経山」の独特の絶景はなんと口コミで「火星っぽい」とも言われているのです。
■「吾妻小富士」や「火星っぽい絶景」に関してはMEMO欄から、もう一つの記事『福島の超絶景!ここは火星か?アンデスか?浄土平『吾妻小富士』のお釜!』を併せてご覧下さい。
作家の井上靖氏が名付た絶景『吾妻八景』を堪能!
『磐梯吾妻スカイライン』の道中には、福島民報社が提唱し、作家の井上靖氏が名付けた『吾妻八景』がある事で知られています。
『吾妻八景』は絶景の言葉に相応しく、特に残雪や紅葉シーズンには言葉には表せないほどの自然美を堪能出来るので、是非実際に現地で目の当たりにしてみて下さい!
では『吾妻八景』を、福島市西方の高湯温泉から土湯峠へ、吾妻連峰の山並みに沿うコース順にご紹介しましょう。
【1】「白樺の峰」 白樺の樹海と遠くに望む蔵王や安達太良連峰が美しい。
【2】「つばくろ谷」谷底は84メートルの深さで圧巻!写真にある不動沢橋から眺める紅葉は本当に絶景として有名。
【3】「天狗の庭」大きな岩が点在。天狗が舞い遊んだという伝承がある景勝地。実際に吾妻連峰は修験道の聖地でもある。
【4】「浄土平」一切経山と吾妻小富士に囲まれた湿地帯。散策コースはすべてここからスタート。
【5】「双竜の辻」ぐるっと大きく曲がる道路が眺望できる展望所。右に磐梯山、左に安達太良山が見える。
【6】「湖見峠(うみみとうげ)」猪苗代湖、小野川湖、秋元湖、桧原湖の4つの湖が眺望出来る。
【7】「天風境」 一面ブナ原生林の樹海と名瀑幕滝が絶妙な絶景。紅葉が美しい事で有名。
【8】「国見台」遠くに会津盆地を望める。この地で夕日が沈む姿を井上靖氏は「壮麗な幻想交響詩のフィナーレを奏でるようだ」称えたそう。
樹海から砂礫の山肌へ急激に変化する絶景を見逃すな!
『磐梯吾妻スカイライン』のドライブがなぜ人気があるのかと言うと、はじめは緑深い樹海が、吾妻小富士のある浄土平へ近付くにつれ急に木々が無くなり・・・驚くほど荒々しい岩と砂礫の山肌の絶景に急激に変化するからです!
一本の観光道路でかなり色々なタイプの絶景が楽しめるので、後部座席や助手席の方もドライブに飽きる心配は全くありません!!
ドライブでありがちなドライバーのみ盛り上がり、同乗者は単調な景色に飽きて寝ていた・・・という事には決してならない凄い道路なのです。
樹海から砂礫の山肌へ急激に変化する絶景を見逃すな!
冬季休業を終え、平成26年は4月8日から開通した『磐梯吾妻スカイライン』は、地元福島の方や浄土平ビジターセンターの方にお聞きしたところ、例年ゴールデンウィーク過ぎ頃までの短い期間限定で写真の様な『雪の回廊』が楽しめます!(※お天気・気候に寄るため確実に見る事が出来る訳では無いのでご注意を)
迫りくる雪の壁は本当に圧巻でドライブ中は感動の連続です!!
来年以降の『雪の回廊』情報や現状をお知りになりたい方は浄土平ビジターセンターに問い合わせてみると良いかも知れませんよ。
(連絡先はMEMO欄の浄土平ビジターセンターホームページよりご確認下さい)
お土産に福島産桧(ひのき)で手造りされた『桧コップ』はいかが?
中間地点でもある標高1600メートルの浄土平にはビジターセンターやレストハウスなどがあるので、ドライブの休憩に最適です。
『磐梯吾妻スカイライン』は「福島市」の道路なので、ここは福島市限定のお土産が欲しいところ。そこで・・・
福島産の日本檜を使用し、福島市内の『福島檜工房』という小さな工房で手造りされた『桧のコップ』がお勧めです!
製造者の方によると、『日本酒に合うものを』という信念で制作されているとのこと。福島は日本で蔵元数がトップ5に入ると言われるほど酒処なので、是非、福島の地酒と共にドライブの思い出としてお土産にいかがでしょうか?
実際に福島の地酒を『桧のコップ』で飲むと、桧の爽やかな香りがお酒に移り本当にまろやかな味わいになるのでお勧めです!
桧コップの焼印にあるお山は浄土平から散策も出来る福島市のシンボル『吾妻小富士』を彷彿とさせ可愛いですよ。
しかもこのコップは驚くほど軽く、サイズも豊富な品揃えで、中には会津漆塗のコップもあるのです。
常設店舗では無いのですが、お店の方によると頻繁に浄土平レストハウスで販売しているとのこと。もしドライブの途中、浄土平でこの福島産『桧コップ』に巡り会えたら、貴方は運が良いかも!是非、素敵なドライブ&福島旅行の思い出にどうぞ!
ホームページは無いため下記をご参考下さい。
・特大コップ(2300円)
・大コップ(1700円)
・中コップ(1000円)
(※会津漆塗りは別料金)
《製造元》福島檜工房
《住所》福島県福島市岡部字内川原102
《TEL》024-534-3776
《FAX》024-534-3969
実は星空も美しい!星空ロード!
実は浄土平には天文台があり、ここから見る星空は本当に美しい事で評判です。
実際にドライブしてみると分かりますが、『磐梯吾妻スカイライン』の道中には電燈はありません。そのため澄んだ福島の空気で星座を本当にはっきり見る事が出来るのです。
これからのシーズンは七夕の頃に天の川を楽しむのもお勧めです!
素敵な星空ドライブを是非、大切な人といかがでしょうか?
目まぐるしく変化する絶景を楽しむ事が出来、時間帯やシーズンによって異なる美しさがある『磐梯吾妻スカイライン』で、さあ天空に向かってドライブへ! 

磐梯吾妻スカイライン
place
福島県福島市・猪苗代町
phone
0245316428
opening-hour
[4月上旬-11月中旬]24時間※4…

この記事を含むまとめ記事はこちら