山上に広がる鮮烈な赤絨毯!大和葛城山へ春を感じにハイキング


2019.03.30

LINEトラベルjp 旅行ガイド

大阪から最も近く、手軽に登山を楽しめる場所として金剛山地が知られています。大阪府千早赤阪村と奈良県御所市を隔てる標高1000m付近の山域で、主峰の金剛山が有名ですが、もう一つ双璧をなすのが「大和葛城山」です。実は大阪府最高峰を誇るこの山、5月になると全国のハイカーが一度は登りたい!と口を揃える山へと変わります。その理由は山頂付近一面に染まる赤いツツジの絨毯!これが筆舌に尽くしがたい美しさなのです。
関西人に愛される「金剛山地」は関西ハイカーの登竜門!
大阪の地理を見ると、中心部の平野地帯を囲うように山々が広がります。北西の京都との県境にある「北摂山地」そして東の奈良との県境になっている「生駒山地」そして今回紹介する「金剛山地」です。
どれも都市部から行きやすく人気のある山域ですが、山の高度感や景色、そして登山というアクティビティ自体を楽しみたいと思うなら「金剛山地」がおすすめです。
なぜなら大阪界隈で唯一標高1000mほどの山がそびえて、本格的な山登りを手軽に楽しめるから!特に日本新百名山の一つに選出されている「金剛山」は数千回も登るマニアもいるほどメジャーな山です。
そのうち5月になると多くの人で賑わう山が、金剛山の隣にそびえる「大和葛城山」です。本格的な登山ができるほか、ロープウェイも開通しており、初心者から上級者までハイキングを満喫できます。
山上に咲き乱れる百花繚乱のツツジが鮮烈!
春の大和葛城山の代名詞と言えば、山頂から奈良県御所市側へ少し下ったところにあるツツジの群生地(葛城高原)です。5月中旬になると、一面に赤い花が山を染め上げるように咲き誇り、筆舌しがたい美しさを見せ、この絶景を求めて多くの人がこの山を訪れます。
どこを歩いても鮮烈なツツジの景色が飛び込んできて、気分が上がります!その光景はさながら、季節外れの紅葉といった面持ちです。カメラを持ってお気に入りの構図を探しながら写真撮影するのが楽しいですよ。
このツツジを見に来る際には、お弁当や軽食を持っていくことをおすすめします。群生地の周辺の至る所にデッキがあるほか、このツツジを見渡す丘に座って食べるご飯は格別ですよ!季節柄、程よい気温なのも嬉しいですね。
ツツジ以外にも!葛城登山口の新緑や山頂のパノラマ!
そんな美しい様相を魅せる大和葛城山ですが、実はツツジ以外にも素晴らしい景色があるのでおすすめです。例えば、標高959mの山頂からのパノラマ!
西側には大阪湾まで俯瞰でき、東側には御所の町や奈良の山々の稜線を望みます。遮るものがなく360度開けた山頂は爽快の一言!天空を散歩している気分に浸れますよ。
また葛城登山道の新緑も魅力的です。「葛城登山道」とは、山頂まで手軽にアクセスできる奈良県御所市側のロープウェイに沿って続く登山道で、大和葛城山において最もメジャーなルートです。
春になると7合目付近の木々が、木漏れ日に照らされて、生命力が溢れるような美しさを見せてくれます。これが心洗われる癒しの空間です。往復登山は厳しいという人も、ぜひ片道だけでも歩いてほしいルートですね。
時期限定の大阪の山が誇る絶景を見に行こう!
日本第二の都市である「大阪」は一見山のイメージがないかもしれませんが、実は「金剛山地」という素晴らしい山域があります。
その中でも大阪府最高峰である「大和葛城山」は5月半ばにツツジが鮮烈に山を染め上げて、特に美しい佇まいを見せてくれます。登山ルートも充実し、ロープウェイも運行されていることから、どんな方でもハイキングを楽しむことができ、おすすめのお山です。
ぜひGW後の二週間の間に、大和葛城山へ出掛けてみてください。きっと一面広がる赤の絨毯に圧倒されること間違いなしです! 

葛城山
place
奈良県御所市櫛羅

この記事を含むまとめ記事はこちら