予習必須!飯能「ムーミンバレーパーク」有料アトラクションまとめ


2019.03.21

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2019年3月16日、埼玉県飯能市の宮沢湖畔“メッツァ”に「ムーミンバレーパーク」が誕生。ムーミンの物語に登場する“ムーミン谷”が再現され、キャラクターの可愛さだけでなく、時間がゆっくりと流れていく空気感も魅力。入園料だけで楽しめる施設やショーもありますが、有料アトラクションも気になりますよね。今回は有料アトラクションの内容と料金をまとめましたので、旅の計画にお役立てください!
メインアトラクション「ムーミン屋敷ツアー」
ムーミンバレーパークのシンボル「ムーミン屋敷」は、原作の中で、ムーミンパパが設計図を書いて自分で建てた理想の家を忠実に再現したもの。地下室と屋根裏部屋のある地上三階建てになっており、ガイドツアーに参加することで、中に入ることができます。
ムーミン屋敷の中には、地下倉庫やキッチン、ダイニング、リビング、パパママの寝室、ムーミンの部屋などがあり、ムーミン一家の暮らしを体感することができます。ムーミンファンにとって、ムーミン屋敷に入れるなんて夢のようですよね。
屋敷内にはリトルミイの部屋も!実際のサイズ感はぜひツアーでお確かめくださいね。
ムーミン屋敷で使われている小物は、このために新しくつくられたものではなく、スタッフがフィンランドに出向き、原作に近いものをひとつひとつ探すという果てしない作業を繰り返して入手したもの。細かい部分までよく観察してみてくださいね。
<アトラクション情報>
施設名:ムーミン屋敷/Muumitalo(ムーミタロ)
エリア:ムーミン谷
営業時間:10:00~20:00
料金:1,000円 ※おとな・こども共に一律料金、3歳以下無料
シアター型アトラクションも人気!
“勇気・挑戦・友情・家族の絆”をテーマとし、壁や床、造形物など全てに映像を投影する“体感モーフィングシアター”を用いたアトラクション「海のオーケストラ号」。
『ムーミンパパの思い出』より、ムーミンパパの若き日の冒険を一緒に体験することができます。大迫力の映像にあわせて、席が振動したり、水しぶきがかかったり…。映像だけではない仕掛けもあり、没入感や臨場感あふれる体験ができます。
<アトラクション情報>
施設名:海のオーケストラ号/Merenhuiske(メレンフイスケ)
エリア:ムーミン谷
営業時間:10:00~20:00
料金:1,000円 ※おとな・こども共に一律料金、3歳以下無料
ゲスト参加型シアター「リトルミイのプレイスポット」では、ムーミン屋敷を舞台に繰り広げられる、主人公リトルミイの可愛いいたずらの世界を楽しむことができます。
まず最初に案内役のガイドさんによる写真撮影が行われ、撮った写真の中から数名がピックアップされます。見事選ばれればリトルミイと共演できるチャンス!どんな形で登場するかは、その時のお楽しみです。
<アトラクション情報>
施設名:リトルミイのプレイスポット/Pikku Myyn leikkipaikka(ピックムーン レイッキパイッカ)
エリア:ムーミン谷
営業時間:10:00~20:00
料金:700円 ※おとな・こども共に一律料金、3歳以下無料
オリジナルワークショップも可愛すぎ!
ワークショップスペース「Paya(パヤ)」では、ムーミンバレーパーク限定のワークショップが3種類行われています。
・ムーミンバレーパーク オリジナルバッジづくり(1個:500円)
20種類ある絵柄から一つを選んでのバッジづくり。作るのに時間はかかりませんが、全部可愛いので選ぶのに時間がかかるかも!
・うみうまの絵付け(1個:1,500円)
“うみうま”は、ムーミン谷から遠くはなれた灯台のある島に住む、二頭の美しいめす馬のこと。ここでは、飯能市の特産“西川材”で作られた“うみうま”の絵付け体験ができます。
・ムーミンバレーパーク オリジナルジェルネイル(1本:800円/おひととりさま指1本まで)
ネイルプリンターを利用した“TSUME.CO(ツメコ)”で、ムーミンバレーパークオリジナルのジェルネイルができます。絵柄は10種類あり、色はピンクと水色で選べるので、組み合わせは20種類!1本約10分ででき、ネイルの持ちは約1日なので、パーク来園してすぐ参加するのがオススメです。
※注意事項
 利用前にネイルオフし、お好みの長さに切っておく
 爪の長さ出しやネイルオフ、リペア不可
 高校生以上から利用可能
 爪の長さやプリンターの出力により仕上がりが異なる場合があります
 不定期開催になります。日程等詳細は、公式サイト「ワークショップページ」にてご確認ください
<アトラクション情報>
施設名:ワークショップ/Paya(パヤ)
エリア:コケムス
営業時間:10:00~20:00
まだまだ多彩なアトラクション!
おさびし山の頂上からスタートし、往復約400mの宮沢湖上を滑空する「飛行おにのジップラインアドベンチャー」。装備後、スタート地点までの坂道が少し大変ですが、そのあとは湖の風と絶景、スリルを味わうことができるので、ぜひ挑戦してみてください。
<アトラクション情報>
施設名:飛行おにのジップラインアドベンチャー/Taikurin seikkailupaikka(タイクリン セイッカイルパイッカ)
エリア:おさびし山
営業時間:10:00~20:00
料金:1,500円 ※おとな・こども共に一律料金、3歳以下無料
利用条件:身長120cm以上190cm未満、体重30kg以上100kg未満、乗車時にハーネスの装着ができる方に限ります。施設スタッフ判断により、ご利用を控えていただく場合があります。
「アーケードゲーム」でチャレンジできるのは、彗星に見立てたボールを穴に落とさないようにゴールへ導く『おさびし山チャレンジ』と、ハンマーで魚を飛ばして釣り上げる『トゥーティッキのフィッシング』の2種類。500円でどちらかを選択し、3回チャレンジできます。見事成功すると、壁面にディスプレイされている景品をもらうことができますよ。
<アトラクション情報>
施設名:アーケードゲーム/Peli & Leikki(ペリ ヤ レイッキ)
エリア:ムーミン谷
営業時間:10:00~20:00
料金:1種類1回500円 ※3チャレンジ
写真スタジオ「ムイックフォト」では、ムーミンたちと一緒に、カメラマンに写真を撮ってもらうことができます。背景の異なるスタジオが2つあり、どちらか選ぶことが可能。できあがった写真は、オリジナルフォトフレームにいれて持ち帰ることができます。
<店舗情報>
店名:写真スタジオ/Muikku foto(ムイックフォト)
エリア:ムーミン谷
営業時間:10:00~19:00
料金:1カット台紙付き2,000円(焼き増しも同様の料金)
アトラクション予約について
「海のオーケストラ号」「リトルミイのプレイスポット」「飛行おにのジップラインアドベンチャー」「ムーミン屋敷ツアー」は、券売機でのチケット購入が必要です。券売機の場所は、ムーミン谷エリア“エンマの劇場”の奥に見える黄色い建物“ムイックフォト”の側面です。
2019年3月現在、インターネット上での事前予約は中止されており、全て当日現地販売のみになりますので、入園後はすぐに券売機へ向かうことをオススメします。
ワークショップに参加するには、当日10:00よりコケムス2F「パヤ/Paja」にて、ワークショップ参加券(時間記載あり)の購入が必要になります。各回には人数に限りがありますので、ご注意ください。また、不定期開催のワークショップもありますので、事前に公式サイト“ワークショップページ”でご確認ください。
混雑必至の「ムーミンバレーパーク」。アトラクションやチケット購入場所を事前にチェックして、当日はスムーズに過ごせるといいですね。
※記載している料金は全て「税込み」になります。 

メッツァ
place
埼玉県飯能市宮沢327-6
phone
0570001630
opening-hour
通常 10:00-21:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら