原宿で日本の美・浮世絵にひたる「太田記念美術館」


2019.03.23

LINEトラベルjp 旅行ガイド

話題のスイーツやファッションアイテムを揃えた店が並ぶ原宿は、国内外の旅行者に人気の観光スポット。最先端の流行がひしめく原宿に、都内で数少ない浮世絵専門の美術館があります。それが「太田記念美術館」。ファッションタウンで出会う日本の伝統美は新鮮です。「太田記念美術館」では、月ごとにテーマを設けて浮世絵を展示しているので、毎回違う浮世絵の魅力に出会えます。原宿で浮世絵にひたってみませんか?
JRでもメトロでも、駅から徒歩5分以内の抜群アクセス
太田記念美術館は原宿駅のすぐ近く、表参道からほんの少し北へ入った所にあります。表参道や竹下通りのにぎわいがすぐそばにあるとは思えない、落ち着いた雰囲気の美術館です。
JR「原宿」駅表参道口から徒歩5分と、アクセスは最高です。原宿駅から表参道を青山方面へ進み、アルテカプラザの角を曲がります。地下鉄「明治神宮前」駅からなら徒歩3分、5番出口を出てすぐ先に美術館の案内表示が見えます。
日本情緒あふれる空間で、ゆったり浮世絵を楽しむ時間
太田記念美術館は、1980年に開館した浮世絵専門の美術館。実業家の故・五代太田清藏氏が、国内外から蒐集したコレクションをもとに設立され、その収蔵品は14,000点にのぼります。
葛飾北斎や歌川広重など、人気絵師の作品をはじめとする膨大な浮世絵を所蔵していますが、常設展示は行わず、月ごとに展示を替えて浮世絵の多彩な魅力を紹介し続けています。
展示室の一部は畳敷きの小あがりになっているので、座敷でゆっくり絵を楽しむように作品を鑑賞することができます。作品の彩色を守るため照明は控えめで落ち着けます。
展示室中央には、石灯籠や露地の腰掛待合のようなベンチが配され、日本情緒たっぷり。和の雰囲気の中で浮世絵を楽しむことができるので、海外のお客様を案内しても喜ばれそうです。
展示室は2層になっていて、2階展示室には展示ケースがあり冊子ものの作品なども間近に鑑賞できます。この他地下1階に視聴覚室がありますが、館内にはエレベーターやスロープはないので、上下階へは階段を使っての移動になります。
浮世絵グッズもいろいろ、地下には手ぬぐい専門店も
入館料は展示内容によって異なるので、公式HPや企画展のチラシなどで料金を確認してください。中学生以下は無料なので、修学旅行で立ち寄るのもおすすめです。
受付カウンターでは、浮世絵の絵葉書の他、浮世絵に関する書籍、クリアファイルや一筆箋などの、浮世絵グッズを買うことができます。
太田記念美術館の地下1階には、手ぬぐいの専門店「かまわぬ」があります。外からも入店できますが、一回屋外へ出なくても館内の階段を使って入ることができます。
店内はさまざまな手ぬぐいの他に、おしゃれな和小物もいろいろ。手ぬぐいは、名入れやオーダーもできるそうです。「かまわぬ」の店名には、「特別に何のおかまいもできませんが、気軽にお立ち寄りください」という意味が込められているのだとか。
美術館で日本の美にひたり、和小物ショッピング。原宿にはそんな楽しみ方もあります。
<「かまわぬ」原宿店の基本情報>
住所:東京都渋谷区神宮前1-10-10 太田記念美術館B1
電話番号:03-3401-7957
営業時間:10:30~19:00
定休日:年末年始のみ定休 

太田記念美術館
place
東京都渋谷区神宮前1-10-10
phone
0357778600
opening-hour
10:30-17:30(入館17:00まで)

この記事を含むまとめ記事はこちら