米軍将校の気分で花見!埼玉県「狭山稲荷山公園」は桜の名所


2019.03.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

埼玉県狭山市の西部に位置する狭山稲荷山公園は桜の名所です。見頃を迎えると多くの花見客で賑わいます。戦後しばらくは米軍将校の住宅地だったという狭山稲荷山公園。園内の風景も美しく、日常を忘れて春のひとときを過ごすことができます。次のお花見シーズンには狭山稲荷山公園に出かけてみませんか。桜の下にシートを敷いてランチを楽しむにも、のんびりと花見散歩を楽しむにもお勧め。素敵な公園ですよ。
狭山稲荷山公園は桜の名所!春欄間の景色を楽しもう
狭山稲荷山公園は西武池袋線の「稲荷山公園」駅から至近。駅を出て道路を渡れば、もう公園入口です。狭山稲荷山公園は随所で美しい桜を楽しむことができますが、駅側の公園入口付近は特に桜が見事で、訪れた人たちから「わぁー、きれい!」という声が上がります。
レジャーシートを広げてお花見を楽しむなら駅側入口周辺や、その北側の広場がお勧め。道路脇に細長く広場があり、桜並木が縁取っています。景観も見事で、駅から近いこともあって、大勢の花見客で賑わうところです。のんびりと“お花見ランチ”を楽しみたいですね。
公園南端部に設けられた駐車場付近から駅側の入口周辺にかけて、園路はまさに“桜のプロムナード”。散り際になると風が吹くたびに花弁がはらはらと舞って、その様子も素敵です。
人混みの嫌いな人でも楽しめる!花見散歩も楽しもう
“お花見は楽しみたいけれど、人混みはイヤ”という人でも、狭山稲荷山公園は楽しめますよ。駅側の入口を離れると花見客の姿も少なくなって、静かに花見を楽しみたい人にもお勧めです。“人の少ないところでのんびりお花見したい”という方なら、公園北端部の辺りへ足を延ばしてみましょう。花見客は少なくても、桜の景観は見事なものですよ。
公園南側から西側にかけては桜が少なく、花見客の姿もあまりありませんが、のんびりと散策してみるのもいいものです。園路脇にぽつりと立つ桜もあったりして、そんな景色に出会えるのも素敵ですね。
園内の桜はほとんどがソメイヨシノですが、丹念に見てゆくと、ソメイヨシノ以外の桜を見つけることもできます。少し印象の違う桜を見つけたら、ソメイヨシノ以外の品種かもしれません。表情の違いが景観のアクセントになってくれていますね。
かつては米軍将校の住宅地、園内の風景はちょっとアメリカっぽい!?
この狭山稲荷山公園、東側には道路を挟んで航空自衛隊入間基地が隣接しています。基地の場所は戦前の昭和初期に陸軍航空士官学校が設立されたところで、戦後は米軍に接収され、“ジョンソン基地”と呼ばれました。
狭山稲荷山公園もかつては“ジョンソン基地”の敷地内。米軍将校などの住宅地として使われていた場所で、“ハイドパーク”の名で呼ばれていました。返還後もしばらくは“ハイドパーク”として親しまれていたところなのです。
そのせいか、公園内の景観は一般的な日本の公園とは印象が違っていて、少しばかり異国情緒も感じられます。緩やかな起伏を伴って広がる園内の風景はたいへんに美しく、その景観を楽しみながらのんびりと散策するにも好適な公園なのです。かつてここに暮らした米軍将校になった気分で、園内を散策してみては?
そのような公園ですから、桜が終わって新緑の季節を迎える頃に訪れるのもお勧め。緑に覆われた園内をのんびりと巡り、木陰にシートを敷いて“青空ランチ”を楽しむ。そんな休日を過ごしてみるのもお勧めですよ。
足を延ばして入間市の桜名所も訪ねてみよう
狭山稲荷山公園にお花見に訪れたなら、駅のすぐそばという立地を活かして、ちょっと足を延ばしてみませんか。西武池袋線で「稲荷山公園」駅から一駅で「入間市」駅、「入間市」駅から南西の方角へ数百メートル辿ると、霞川の河岸に出ます。霞川のこの辺りの河岸は桜並木になっています。「霞川の桜堤」の名で呼ばれる、入間市の桜の名所なのです。
桜並木の下では地元の人が花見を楽しんでいますが、人混みとは無縁。河岸を辿ってのんびりと花見散歩が楽しめますよ。散り際になれば花弁が川の水面を彩り、美しい“花筏”を見せてくれます。川沿いの桜並木ならでは興趣を楽しみましょう。
狭山稲荷山公園から霞川の桜堤へお花見小旅行
桜の名所として知られる狭山稲荷山公園をメインに、余裕があれば霞川の桜堤へ、春の休日の小旅行に出かけてみませんか。狭山稲荷山公園から霞川の桜堤まで、実は歩いても2kmほど。入間市の中心部を抜けて行かなくてはなりませんが、春の陽気に誘われて歩いてみるのもいいものです。
狭山市、入間市周辺の桜が見頃を迎えるのは、例年3月下旬から4月上旬、都心部に比べればやや遅い傾向ですが、それほど大きな違いはありません。ポータルサイトなどの開花情報をチェックしておきましょう。
それほど遠くないのに、普段はあまり行かない町、行ったことのない町、そんな町をお花見のついでに訪ねてみるのも楽しいものですよ。春の日帰り小旅行、楽しみましょう! 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら