いまサイクリングがアツい!小豆島で味わう絶景アクティビティ


2019.03.17

トラベルjp 旅行ガイド

地場産業のオリーブやエンジェルロードなど豊富な観光資源に恵まれた小豆島ですが、今新たな展開を迎えています。それは地域一体で「自転車」を通じて集客を図るサイクルツーリズム。具体的にはレンタサイクルの充実化、豆イチ(小豆島一周)ルートマップの作成、サイクルステーションの設置など、次第に自転車で観光がしやすい体制が整えられ、併せて自転車で巡ることで出会える小豆島独自の美しい景色にも注目が集まっています。
小豆島は自転車で回る観光スタイルがトレンド!
昨今、弱虫ペダルなどメディアの背景もあり、健康志向の乗り物として自転車が流行していますが、それにより「小豆島」がサイクリングスポットとして今一際脚光を浴びています!
その理由は何と言っても、走って行けばいくほど、どんどん変化していく美しい島の景色。
優しい潮風が吹く綺麗な海沿いの道、里山の緑に囲まれた道、醤油の香りが鼻腔を突き抜ける工場街、海に飛び込んでいくような爽快な道など。実に様々な道からの景色があります。
そして観光資源が豊富な小豆島だからこそ、自転車で回るのが効率がよいという側面があります。例えば、メジャーな観光スポットであるエンジェルロードや重ね岩、中山千枚田はバスで行くには近いですが、徒歩で行くには遠いです。そんな時に自転車が便利ですし、移動中も島の風景を思いっきり楽しめるという利点もあります。
また小豆島は瀬戸内国際芸術祭の会場の一つであり、3年に1回、島中にアートが多数展示されます。なお今年2019年はまさに会期年です!
アートの中には車では行けないような細い道の先にあったり、車で移動するには近すぎるほど密集している場合もあり、またその多くは駐車場がありません。
そこでコンパクトに回ることのできる自転車が有用なのです。
自転車で小豆島を回るには?その2つの方法とポイント!
具体的に小豆島を自転車で走る方法は2つ!「港周辺で自転車をレンタルする」or「フェリーにマイ自転車を積んで走る」のどちらかです。
まずは小豆島のレンタサイクル事情ですが、他の離島に比べてとても行き届いています。主な特徴としては、港周辺のホテルでレンタサイクルしている場合が多いです。
その中でも、特におすすめしたいのが「HELLO CYCLING 小豆島」というシェアサービスです!
何と一度会員登録(無料)をすると、予約なしでいつでも電動アシスト自転車を借りることができます。
このサービスの素晴らしい点は主に2つあります。
まずは「小豆島の全ての港に貸出しステーション」があるということ!つまり、どのフェリーを使って小豆島に入っても、レンタサイクルを利用できるのです。
またもう一つは「島内のほぼどこでも乗り捨て可能」ということ。島内に「HELLO CYCLING」のロゴが記されたステーションが50箇所ほどあり、好きなところで返却することができます。
つまり、このサービスは、小豆島へ旅行に来る方全てが利用可能で、回るスポットや体力に応じて、柔軟にサイクリングを楽しむことができるということ!
「HELLO CYCLING 小豆島」とってもおすすめです!
一方、自分の自転車をフェリーに持ち込んで運び、島で乗ることも可能です。そのままの状態で自転車の持ち込むと別途お金が掛かりますが、輪行(所定の袋に入れること)すれば無料です。また輪行しない場合でも「瀬戸内サイクルーズパス」を使えば安く運べますよ!
そして、島に付いたらぜひ活用してほしいのがオーキドホテルの「サイクルステーション」です。実は、小豆島サイクリングの拠点とするべく設置されたスポットで、休憩にはもってこいの場所ですよ。ちなみにオーキドホテルにはサイクリスト向けの宿泊プランもあるので要チェックです!
<オーキドホテル/小豆島サイクルステーションの基本情報>
住所:香川県小豆郡土庄町甲5165-216
電話番号:0879-62-5001
アクセス:土庄港から徒歩1分
小豆島で味わう絶景サイクリングスポット3選
それではレンタルバイクもしくはマイ自転車に乗って、小豆島へ繰り出してみましょう!小豆島の隅々まで見れば、数え切れないほど美しい景色がありますが、まずは港周辺のアクセスが比較的近い場所から紹介したいと思います。
まずぜひ勧めたいのが、土庄港から一周できる「前島」です。
土庄港からエンジェルロードへ向い、そこから時計回りに島を一周します。少しアップダウンがあるので、体力に自信のない方は電動自転車の方が良いかもしれません。島の西部には海を見渡す極上の平坦路が広がり、そのなか走り抜けるのは本当に爽快です!
<県道254線シーサイドロードの基本情報>
住所:香川県小豆島郡土庄町761-4100
アクセス:土庄港から自転車で30分
次に紹介するのは、土庄港から自転車で約30分ほどで行くことができる内陸側の「肥土山・中山地区」。ここの魅力は何と言っても、緑溢れる里山の風景です。先程まで海にいたはずなのに、そのギャップが新鮮!山と海が併存する小豆島の景色の魅力を感じることができ、本当に癒されるエリアです。
<中山千枚田の基本情報>
住所:香川県小豆郡小豆島町中山1486
アクセス:土庄港から自転車で30分
最後は小豆島南部・三都半島の東側にある「シーサイドロード」。少し遠いですが訪れる価値が大いにある場所です。何と言っても素晴らしいのは、圧倒的に海が広がる爽快なその景色!海がとても青く、最高の海沿いサイクリングが楽しめますよ!
<県道251線シーサイドロードの基本情報>
住所:香川県小豆郡小豆島町蒲野
アクセス:土庄港から自転車で60分
サイクリングが最高のアクティビティ!小豆島を駆け抜ける魅力
最後に、小豆島サイクリングについての地域の試みを紹介します。それは小豆島サイクリングイベント「豆イチ&無人島BBQ」!実は、2017年から春の時期に、小豆島の素晴らしい風景を自転車で走る催しが始まりました。
昨年度も素晴らしい内容だったのですが、その空撮写真をご覧ください!小豆島を自転車で走る魅力が大いに伝わると思います。
海・山・そして町、目まぐるしく変わる小豆島ならではの風景に心踊らされます!この動画のように、小豆島を自転車で走りに来てみませんか?
※「豆イチ&無人島BBQ」の空撮動画もあります。関連MENOをチェック! 

read-more
中山千枚田
place
香川県小豆郡小豆島町中山
opening-hour
[見ごろ]4月下旬-9月下旬
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら