多彩な桜&桃も楽しめる春の京都「六孫王神社」


2019.02.23

LINEトラベルjp 旅行ガイド

京都駅から近く、清和源氏の祖・源経基を祀る六孫王神社。春には神龍池を中心に美しく桜が咲き、池の水面や境内に桜が舞い散る光景も風情があります。
お稲荷さんや弁天さんのお堂も趣きがあり、お稲荷さんの前の鳥居、弁天さんの前に架る橋もそれぞれ鮮やかな朱色で桜との相性もバッチリ。境内にはソメイヨシノや大島桜といった桜のほか、紅白の桃の花も。足元に小さい狛犬が寄り添う姿も可愛くて必見です!
六孫王神社の玄関口
京都駅から八条通を西へ歩くと、清和源氏発祥の宮といわれる六孫王神社があります。
六孫王というのは、清和天皇の六男・貞純親王を父として生まれ、清和天皇の孫に当たる源経基の通称のことで、六孫王神社の境内は源経基の邸宅「八条亭」の跡地であるとされています。写真は境内東側にある一の鳥居。
一の鳥居の西には二の鳥居があり、そのすぐ傍には円形の石碑・鯉魚塚、そして睦弥稲荷の朱色の鳥居が並んでいます。境内北部にはJRの線路が走り、新幹線を見ることもできます。京都駅が近いので新幹線のスピードは比較的ゆっくり。新幹線を取り入れて境内の風景を撮るのも素敵です。
そして、二の鳥居横の狛犬にもご注目。足元に小さな狛犬がいるかわいらしいデザインです。清和源氏はその子孫が著しく繁栄したことから、六孫王神社は子宝安産、出世開運を祈り、特に武家からの信仰を盛んに集めました。子供はいつの時代でも宝物。この狛犬はそんなことをあらわしているのかもしれません。
お稲荷さんと弁天さん
睦弥稲荷の鳥居越しに見る境内も風情があります。また、夕方には灯りがつくボンボリも風情があります。
さらに、お稲荷さんと並び西側には誕生水弁辯天社があります。誕生水というのは、六孫王の嫡男で多田源氏の祖とされる満仲の産湯に使用されたと伝わる水で、満仲の生誕に際し琵琶湖の竹生島から弁辯天が勧請されたといいます。現在は社殿に覆われ、内部には腰掛けもあり、橋の光景とともに風情が楽しめます。
美しい小さな橋
誕生水弁辯天の前には朱色の橋が架かり、神龍池が本殿前まで続いています。桜のシーズン後半は橋の上にも桜の花弁が散り、美しい光景に。
神龍池には鯉が住むことから、ここに架る橋は鯉(恋)の架け橋とも呼ばれカップルに人気があります。桜のピンクと橋の朱色がとても鮮やか。
源経基は死後は龍神となって邸内の池に住み、子孫繁栄を祈るゆえにここに埋葬せよ、と遺言したそうです。
六孫王神社の絵馬には鯉のモチーフもあるのですが、鯉は滝を登ると龍になるという登龍門の伝説があり、出世を司る縁起の良い魚とされています。
六孫王神社の多彩な花々
池の奥にある唐門・拝殿・本殿などは徳川五代目将軍、綱吉の時代に再建されたもので、本殿では源経基とともに天照大神、八幡大神も祀られています。六孫王神社は桜の品種が多いことでも知られ、境内は白から濃いピンクまで様々な桜のグラデーションが。また、池のほとりにはソメイヨシノから少し遅れて咲く御衣黄、鬱金といった黄緑色の珍しい桜も。
こちらは神龍池の南側に咲く爽やかな色合いが美しい大島桜。
六孫王神社では、桜だけでなく、本殿前、唐門の右手側には白とピンクの花が咲き競う源平枝垂れ桃も見られます。こんな美しい競い合いなら見ていてほほえましいですね。また、六孫王神社では、桜の後はボタン、藤、紫陽花といった花も見ることができます。 

六孫王神社
rating

4.0

14件の口コミ
place
京都府京都市南区壬生通八条角
phone
0756910310

この記事を含むまとめ記事はこちら