浜松観光前に寄りたい!「The GATE HAMAMATSU」は旬な情報満載


2019.02.26

LINEトラベルjp 旅行ガイド

「The GATE HAMAMATSU」は2019年1月にJR浜松駅から徒歩3分の場所にオープンした浜松の魅力発信館。
館内では観光資源が豊富な市内の見どころ案内に加え、今イチ押し中のビーチ・マリンスポーツ情報も提供。また、2019年大河ドラマ『いだてん』後半部分の主人公で浜松出身の田畑政治さんについての展示など、旬な情報が満載! 併設のカフェでは名物の浜松餃子もいただけます。
浜松の魅力発信館、誕生
JR浜松駅北口から徒歩約3分。「The GATE HAMAMATSU」は、遠州鉄道の高架下に誕生した浜松の魅力発信館です。
8つのコーナーに分かれた館内には2019年の大河ドラマ『いだてん』や、浜松・浜名湖エリアで楽しめるアクティビティの紹介など浜松の旬な情報が盛り沢山!
外観にどことなく見覚えがある方もいると思いますが、それもそのはず、2017年には『おんな城主直虎』のPR館「出世の館」でした。
大幅リニューアルした館内は通り抜け可能。北側(鍛治町通り)出入り口から入ると、左手には総合デスク・インフォメーションがあります。
浜松市内の観光スポットについて詳しいスタッフが常駐しているので、気になる観光施設の情報や行き方など気軽にお尋ねくださいね。
日本で唯一の「家康くん・直虎ちゃんオフィシャルショップ」を兼ねている物販コーナーでは、浜松銘菓や注染そめグッズ、地元酒造による銘酒など多岐にわたって販売。
さくさくっとした歯ごたえの中にも、餃子の味を感じることができる「浜松餃子棒」は密かな人気商品です。
こちらに設置されている「金の家康くん像」は、赤いボタンを押すとお喋りするので、ぜひ押してみて!
『いだてん』の予習はここで決まり!
物販コーナーの南側は、NHK大河ドラマ『いだてん』後半主人公で、昭和39年(1964年)の東京オリンピックを呼んだ男「田畑政治紹介コーナー」です。
明治31年(1898年)浜松に生まれた田畑氏は、進学のため上京するまでを地元で過ごしました。タペストリーが目印のこちらでは、彼の足跡や功績などを映像を交えて知ることができます。ドラマの予習にどうぞ。壁には田畑氏ゆかりの地が分かる、大型マップが設置されています。
館内ではNHK大河ドラマ『いだてん』展を開催。登場人物の紹介パネルや実際に撮影で使用した小道具が展示されています。
物語前半と後半の主人公2人の立ちパネル前で、記念撮影はいかがでしょうか。キラキラしたパーテーションの前に立つ、両腕を左右に上げたどーもくんパネルも絶好の撮影スポット!
『いだてん』展の向かい側には、観光の予定を立てるのにぴったりな休憩用のテーブルがあります。
ビーチ・マリンスポーツで浜松の魅力を再発見!
遠州灘の長い海岸線と浜名湖を有する浜松市は、市街地から車で30分程度でマリンスポーツが満喫できる街。「日本で一番、仕事とマリンレジャーやスポーツが近い街」といっても良いでしょう。
「ビーチ・マリンスポーツ展示コーナー」では、浜松・浜名湖エリアで楽しめるマリンスポーツを紹介しています。
ヨットやウインドサーフィンにウェイクボード。パラセーリングやバナナボートも楽しめちゃう! ロケットのように高く飛び上がるフライボートは人気上昇中です。ビーチでのレジャーももちろんOK。バレー以外にもビーチテニスやビーチラグビーも。
大型スクリーンでは、浜松で遊べる色々なマリンレジャーの様子を公開中。迫力の動画に加え、壁に貼られた写真や実物のサーフボード等を見ると、体験したくなりませんか!?
通路には床から天井までを使った大型マップが。エリアごとに楽しめるマリンレジャーやスポーツが書かれているので、気になるアクティビティがどこでできるか探してみては。
地元産の銘柄豚を使用、浜松餃子まるいし
浜松のB級グルメといえば浜松餃子! 館内唯一のカフェ「浜松餃子まるいし」では、地元産の静岡銘柄豚「浜名湖そだち」と、100%国産の野菜を使用した浜松餃子が味わえます。
浜名湖そだちは全国の銘柄ポークの中でも特に味にすぐれ、銘柄豚食べ比べコンテストで優勝したほど。注文時に個数と種類(にんにく入りの赤、またはにんにくなしの白)が選べるのが嬉しいですね。浜松餃子以外にサラダやフォーなど軽食もいただけます。
スイーツは浜松の新名物・うなぎいもの焼き芋! 温かいままでも冷たくしても、どちらも美味しいと評判です。
飲み物はアルコールやソフトドリンクのほか、コーヒー焙煎士によるオリジナルブレンドコーヒーを提供中。コーヒーは「出世の街珈琲」と「The GATE HAMAMATSU珈琲」の2種類。テイクアウトできるので、気軽にどうぞ。
静岡県内でインバウンド(訪日外国人旅行者)が一番多い街・浜松。まるいしの北側は外国人旅行者向けの案内コーナーです。
こちらでは英語や中国語などで書かれた観光パンフレットの入手が可能。常駐しているスタッフは、英語以外に中国語に対応できる方がいることも。検索用のパソコンが使えて、スーツケースなどの荷物の預け入れもできます(料金は大きさにより異なる)。
浜名湖一周サイクリングも夢じゃない!
「自転車で身軽に浜松を観光したい」「浜名湖一周をサイクリングで楽しみたい」という方には、まるいし向かい側の「はままつペダル」がお勧め。
ごく普通のシティサイクルはもちろん、電動アシスト自転車やクロスバイクにロードバイクなど種類も豊富。浜名湖一周は70キロほどなので、途中で休憩を入れても1日あれば回れるでしょう。
店内でガイドブックやパンフレットを見ながら、サイクリングの予定を立てるのもワクワク。
こちらは南側出入り口です。館内では浜松・浜名湖エリアの観光パンフレットが勢揃い。
見て食べて。南北に細長く通り抜け可能なThe GATE HAMAMATSUで、浜松の魅力をまるっと発見してみませんか? 

The GATE HAMAMATSU(ザ ゲート ハママツ)
place
静岡県浜松市中区旭町37(旧 浜松出世の館)
phone
0534010223
opening-hour
10:00-19:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら