氷瀑の見頃はいつ?茨城「袋田の滝」で日本三名瀑の雄姿を見よ


2019.01.18

LINEトラベルjp 旅行ガイド

週間天気予報で「大寒波襲来」「寒い日が続きます」などと言ったら、絶景に出会う大チャンス!その絶景とは日本三名瀑の一つ、茨城県大子町の「袋田の滝」の氷瀑。大子町は山あいの町で、1月下旬~2月上旬に氷点下10℃を記録することもあるような場所。しかしながら、氷瀑は自然現象ですので必ず見られるというものではありません。見頃の目安や時間帯などを抑えて、お出かけの予定を立てましょう!コタツを出ていざ冬の旅へ!
袋田の滝とはどんなところ?
名瀑として知られる茨城の「袋田の滝」。那智の滝、華厳の滝と並び日本三名瀑に数えられています。別名「四度の滝」とも呼ばれます。その由来は「滝が四段になっているから」、または「四季ごとに魅力があるから四度季節をかえて訪れるべし」という意味も言われています。
また、観瀑台(有料)からごく間近に見えるのも魅力の一つ。高さ120m、幅73mの滝を見るために、観瀑台はエレベーター付き。高度を変えながら、様々な角度から楽しむことができます。
1月下旬から2月上旬は完全凍結する可能性も?
せっかくですから、完璧に凍った滝が見たいですよね。しかし、寒い日が来たからと言って、いきなり滝が凍るわけではありません。滝は寒い日が数日続くうちに、少しずつ凍っていくものです。日中は気温が上がるため少しずつ溶け、夜間の冷え込みでまた凍る…という繰り返しです。
温暖化の影響で完全凍結が珍しくなりつつありますが、近年では2012年に完全凍結が確認されています。2018年には1月下旬の冷え込みにより、9割凍結。あと一歩のところで完全凍結に至りませんでしたが、チャンスは冷え込みの強まる1月下旬から2月上旬です。
袋田の滝は、久慈川の流れにつながります。したがって、滝が凍る時期には川面も凍り付き、その上に雪が降り積もるという光景も。冒頭でも触れましたが、大子町は氷点下10℃を記録することもあるような場所なので、防寒対策をしっかりして出かけましょう。
観瀑に適した時間帯は早朝!朝いちに行こう!
氷瀑を見るのが目的なら、やはり気温の低い朝がおすすめです。冬季の営業時間は9時からです。(エレベーターを使わない第1観瀑台へは、営業時間前でも入ることができます)最新の凍結状況は大子町のライブカメラで配信されていますので、お出かけ前にチェックしておきましょう。
2019年には1月上旬に早くも9割凍結を記録しています。とは言え凍結の状況は刻一刻と変化するため、ベストシーズンを見極めるためには、ライブカメラをこまめにチェックすることをお勧めします。ライブカメラ自体は24時間稼働していますが、夜中は照明が無いため、カメラの映像も真っ暗です。夜明けを待って、早朝に確認するようにしましょう。
なお、11月~1月は、例年ライトアップ(イベント名:大子来人 ~ダイゴライト~)が行われているため、営業時間も延長されます。
滝だけでなく、観瀑台に至るトンネル内や、周辺の遊歩道もライトアップされます。早朝が難しい場合は、ライトアップの時間に合わせてのお出かけも良いでしょう。 

袋田の滝
place
茨城県久慈郡大子町袋田3-19
opening-hour
8:00-18:00※11月-4月は9:00-1…

この記事を含むまとめ記事はこちら