北海道せたな町は映画「そらのレストラン」の舞台!見どころ多し


2019.01.28

LINEトラベルjp 旅行ガイド

北海道檜山北部・せたな町は、俳優・大泉洋さん主演の2019年1月25日公開の映画「そらのレストラン」の舞台となった町。温泉、パワスポ、景勝地があり見所が多い町です。また近代日本で最初の女医が活躍したほか、旧国鉄ローカル線を今に伝える碑もあって、意外な歴史を学べる町でもあります。映画の舞台・せたな町のスポットへご案内します。
せたな町といえば三本杉!わっかけ岩では食事がおいしい
北海道檜山地方・せたな町は2005年、旧瀬棚町、旧北檜山町、旧大成町が合併して出来た町です。以前の町は区となっており、今回は瀬棚区、北檜山区の名所を取り上げます。
せたな町は町のパワースポットとして3ヵ所取り上げており、うち最も有名な場所が瀬棚区の海岸にある三本杉岩(写真)。高さ約30mの3つの巨岩は、まるで三本の老杉が波間にそびえ立つように見え、自然の雄大なパワーを感じます。夜はライトアップされる場合があるほか、岩近くの海岸は海水浴場にもなっています。
三本杉海水浴場にある海の駅カフェWACKAKE ROCK(わっかけ岩)は海の駅とカフェを兼ねた施設。1階にはせたな町の特産品販売コーナー、2階は40席の食堂となっています。店の名前は三本杉海水浴場から見える「わっかけ岩」に由来。日本有数の水質の良さ、透明度が高い海水浴場でもあります。
「わっかけ岩」で有名なメニューのうち、店内食堂で食べることが出来るのが「瀬棚海苔ラーメン(写真)」。せたな町名産の希少な天然瀬棚海苔が入ったラーメンです。なお漁獲量により提供状況が変わりますので、訪問前に確認することをおススメします。この他に、わっかけ岩オリジナルの薪釜で焼きたてが提供されるPIZZAブランド、PIZZAROCCIA(ピザロッチャ)が有名です。
<わっかけ岩の基本情報>
住所:北海道久遠(くどう)郡せたな町瀬棚区三本杉94
電話:0137-87-2303
営業時間:
1階売店は9:00~17:00
2階食堂は4月下旬~8月末の営業
旧瀬棚駅の跡に日帰りかけ流し温泉と日本最初の女医記念碑!
せたな町には旧国鉄時代、瀬棚線というローカル線が、国縫(くんぬい・長万部町)-瀬棚間にありましたが、1987年に廃止されました。終点だった旧瀬棚駅の跡は公園として整備されたほか、日帰り温泉「せたな町公営温泉浴場やすらぎ館」も建設されました。1998年オープンで、並んで建つ三角屋根の建物(写真)が目印。中には露天風呂やサウナがあり、源泉かけ流しです。お湯は無色透明の弱アルカリ性で、湯上りは肌がつるつるになり、ポカポカした感覚が体に残ります。
<せたな町公営温泉浴場やすらぎ館の基本情報>
住所:北海道久遠郡せたな町瀬棚区本町948-7
電話番号:0137-87-3841
営業時間:10:00~21:00(12/31は10:00~18:00)
定休日:毎月第1・第3月曜日と1月1日
旧瀬棚駅の跡には、レプリカの駅名板と48kmスポット(国縫駅から48km)があります。また隣には旧瀬棚線の全駅名が記載された「旧国鉄瀬棚線跡地記念碑」もあります。廃止されたローカル線が好きな鉄道ファンはぜひ訪問したい場所です。
瀬棚区は近代日本で最初の女医だった荻野吟子が開業した町。彼女の功績を称え、1968年北海道開道100年を記念して顕彰碑が開業地跡に建立されました。2000年6月、旧国鉄瀬棚線跡地に整備された荻野吟子公園内に移設。開業の地碑は少し離れた場所にあり、また資料は開業の地の近くにあるせたな町生涯学習センターに展示されています。
立象山展望台からの眺望に映画の牧場「村上牧場」!
瀬棚区にある・立象山(りっしょうざん)には展望台とキャンプ場があります。遠くから見ると形成する山が象に見えることから名づけられた山で、頂上にある展望台から南方向を眺める(写真)と、瀬棚港や瀬棚区を中心とした町並が見えます。日本初の洋上風力発電所の風車、5月~10月に瀬棚港を発着するハートランドフェリーの奥尻航路の船を確認できます。更に天気がよいと八雲町と接する遊楽部岳(ゆうらっぷだけ)、海の向こうの奥尻島が見える事もあります。
※2019年5月以降のハートランドフェリーの運航については、お問い合わせ下さい。
展望台から北側を眺めると、島牧村へと通じる国道229号、三本杉岩の一部が見えるほか、瀬棚区北部にある山々が見えます。
映画「そらのレストラン」に出てくる「設楽牧場」のモデルは、瀬棚区北部にある村上牧場(写真)で、実際に一部ロケも行われました。村上牧場は自然循環型の酪農を基本とし、チーズの原料となる乳牛などの放牧酪農を行っています。チーズ「カリンパ」は、かつてJAL国際線ファーストクラスの機内食にも採用されたことがあるほどです。
<村上牧場の基本情報>
住所:北海道久遠郡せたな町瀬棚区西大里359
電話番号:0137-87-2009
不定休なので、行く前に電話で確認して下さい。
かけ流し温泉付き!「温泉ホテルきたひやま」
「温泉ホテルきたひやま」は、せたな町役場の近くにあります。日帰りも可能な源泉かけ流し温泉のほか、温泉を利用しなくても食事が可能な昼・夕方営業のレストラン「まこまない」も。「まこまない」には、地元の豚肉「若松ポークマン」を使った豚丼や、せたな町内で獲れたじゃがいも使用のコロッケを使った定食やカレーがあります。
大浴場(写真)は、ヨーロッパ風のドーム型天井から陽が降り注がれ、開放感たっぷりです。またかけ流しの主浴槽をはじめ、庭園露天風呂やジャグジーも。お湯はナトリウムー塩化物泉で、神経痛、筋肉痛、慢性皮膚病に効果があります。なお浴場内は、ボディソープとリンスインシャンプーがあるほか、バスタオルのレンタルがあり、ハンドタオルが販売中です。
温泉ホテルきたひやまの客室は、洋室シングル(写真)、ツイン、和室8畳、和洋室、洋室バリアフリー、特別室の6種類。特に洋室シングルが22室と多いので、1人旅やビジネスにも向いています。
島が浮かぶ池!景色も素晴らしい「浮島公園」
せたな町のパワースポット2番目は、北檜山地区にある浮島公園(写真)。道南八景に選ばれている「うぐい沼」を中心に整備された公園で、湖面に浮かぶ浮島が風とともにゆっくり漂う姿が素晴らしいです。またうぐい沼には竜神伝説もあって、園内には竜神を祀った建物もあります。
浮島公園は季節によって植物が生み出す景観がきれいな場所でもあります。春は水芭蕉(写真、4月頃)、ヤチブキの名所として、秋は紅葉(10月)が特におススメです。
浮島公園から北方向を眺めると、天気がよければ島牧村にまたがる狩場山(写真)や長万部町にまたがる長万部岳などの山々がきれいに見えます。なお残りのパワースポット1ヵ所は、大成区の太田神社です。
<浮島公園の基本情報>
住所:北海道久遠郡せたな町北檜山区愛知
電話番号:0137-84-6205(せたな観光協会) 

read-more
村上牧場
rating

4.0

2件の口コミ
place
北海道久遠郡せたな町瀬棚区西大里359
phone
0137872009
no image
せたな町役場 瀬棚総合福祉センターやすらぎ館・せたな公営温泉浴場
place
北海道久遠郡せたな町瀬棚区本町948-7
phone
0137873841
no image
わっかけ岩
rating

4.0

3件の口コミ
place
北海道久遠郡せたな町瀬棚区三本杉94
phone
0137872303
no image
温泉ホテル きたひやま
rating

4.0

18件の口コミ
place
北海道久遠郡せたな町北檜山区徳島4-16
phone
0137844120
浮島公園
place
北海道久遠郡せたな町北檜山区愛知
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら